印刷範囲
全体プリント
本文プリント

営業コーチング サーベイ(Sales Coaching Survey)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業マネジャーのコーチとしての資質と能力を診断、取組課題を明らかに。

営業所や営業課でラインの部下を持つマネジャー(所長、課長)を対象とした、コーチングに関連する要素を診断するツールです。マネジャーのコーチング行動の発揮度合のみを測定するのではなく、育成に対する価値観や部下との関係性など、さまざまな観点からコーチングの現状を診断します。

おすすめ

階層・対象

  • 管理者
  • 営業

課題・テーマ

  • 営業力強化
  • リーダーの育成
  • マネジメント能力

診断ツールの概要

対象者 営業マネジャー(所長、課長)
方法
  1. 診断方法:質問紙方式(郵送)
  2. 回答者:診断対象者本人 および 対象者の部下(3名以上、最大5名)
  3. 回答時間:平均10~15分間程度
内容

営業マネジャーのコーチング行動(コーチングの基盤・同行支援・問題解決および内省の支援・ストレッチ支援)について、診断します。

  • コーチングの基盤:部下との間に、良好な関係性が構築されているか/コーチングをスタートする状態が整っているか
  • 同行支援:同行訪問時、コーチングが丁寧になされているか
  • 問題解決および内省の支援:コーチングだけでなく、フィードバックも含めた部下への介入・支援行動がなされているか
  • ストレッチ支援:現状に満足したり、今に安住しないように働きかけているか

もちろん、営業マネジャーのコーチング行動により、部下が成長感や能力向上を感じられているかも診断の要素に加えます。つまり、コーチング行動が成果(成長感など)にどの程度影響しているかも診断します。

更に、上記コーチング行動に影響を与える要素(規定因と言います)として、営業マネジャーの持つものの見方や価値観も、診断項目として加えています。例えば、「人間は何歳になっても成長可能だ」という価値観と、「ある程度の年齢や経験を重ねると人間は成長しなくなる」という価値観のどちらを営業マネジャーが有しているかで、部下へのコーチング行動が変わる可能性があります。その点から、貴社の課題を確認・検証します。

本診断により、営業マネジャーは部下からどう見られているかを知り、今後何に取り組むべきかを明らかにできます。
また、当社が所有する「パーソナリティ診断(Facet5)」をあわせて実施することで、より深い内省を促し、営業マネジャーの行動変容の可能性を、さらに高いものにできます。

<診断対象者向けの結果レポート内容>
各コーチング行動、およびコーチングの成果に関する自己評価点と部下評価点
(平均点)、コーチング行動の規定因に関する自己評価点

<貴社(教育部門・企画部門)向け分析レポート>

  • 全体結果(全対象者の平均点)
  • 当社累積データとの比較
  • 各要素間の関係性(相関分析・回帰分析など)
  • 部門別・エリア別・部下人数別・プレイングマネジャーか否か別、などのカスタマイズ分析結果
特長

営業マネジャー自身の深い内省を促すことが可能

価格
  • 受検料:7,500円/管理者1名
  • 基本分析料:200,000円
  • 分析およびレポート作成料:200,000円/日
  • 結果のフィードバックセッション運営料:100,000円(2~3時間)

※価格はすべて税抜表示です

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ