印刷範囲
全体プリント
本文プリント

PMP®資格取得および継続のための研修コースのご案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PMP®資格取得および保持者の皆さまへ

CCR(継続認定要件)研修のご案内

現在下記の研修はCCR※2のPDU※3発給対象研修として実施しています。
※当社のPDU対象コースのサブカテゴリは、すべてリーダーシップです。

  1. REP(Registered Education Provider)
  2. CCR(Continuing Certification Requirements 継続認定要因 PMP®保持者は3年ごとに60PDU以上取得する必要がある)
  3. PDU(Professional Development Unit)

希望者には、コース終了後にPDU認定証(コース修了証)をお渡しします。

研修コース一覧

研修コース名 日数 発給時間
(PDU)
部下のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上
Partnership Growing Masters-Management
2日 14.0
《期待される効果》
PMBOK® Guide第5版 付属文書 X3の人間関係スキルの主たるものが身に付きます。
  • リーダーシップの他の人々を介して物事を成し遂げる能力に大きな影響を与えます。
  • チームビルディングでは、チームメンバー間の信頼とオープンなコミュニケーションを働きかけ、リーダーシップを発揮するのに有効です。また、対人関係の対立を処理し、良いチーム作りに貢献します。
  • 動機づけの部分は、メンバー個々のさまざまな経歴・期待・目的を踏まえたサポートの仕方を学びます。
  • コミュニケーションでは、メンバーや関係部門のさまざまな人のニーズを見極めて効果的なコミュニケーションがとれるようになります。
  • 影響力ではパーソナル・スタイルの考え方を柔軟に使用し、聞き手のスタイルに合わせることができます。
  • 政策的・文化的認識ではプロジェクトメンバーの文化的相違を理解し、相互の信頼やWIN/WINの関係を容易に作り出せます。
相手のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上
Partnership Growing Masters-Communication
2日 14.0
《期待される効果》
PMBOK® Guide第5版 付属文書 X3の人間関係スキルのコミュニケーション能力が身に付きます。
  • リーダーシップに関して、プロジェクト開始段階におけるビジョン伝達時、メンバーの個性に合わせた動機づけ、奮起させる方法が身につきます。
  • チームビルディングに関しては、チームメンバー間の信頼とオープンなコミュニケーションを働きかけ、リーダーシップを発揮するのに有効です。また、対人関係の対立を処理し、良いチーム作りに貢献します。
  • 動機づけについては、リーダーシップと同じくメンバー個々のさまざまな経歴・期待を踏まえた動機づけの仕方を学びます。
  • コミュニケーションに関しては、本コースの主旨とするところであり、メンバーや関係部門のさまざまな人のパーソナリティを見極めて効果的なコミュニケーションがとれるようになります。
  • 影響力ではパーソナル・スタイルの考え方を活用し、聞き手のスタイルに合わせることができます。
ストレスをパワーにかえるためのレジリエンス強化
Building Resilience
1日 7.0
《期待される効果》
  • プロジェクトマネジメントの9つの領域であるヒューマンリソースマネジメントのプロジェクトチームの管理に有効です。チーム内で発生する諸問題を解消し、チームの業績向上を図るにはプロジェクトマネジャーに冷静な対応が求められます。そのためには、自己のストレス・マネジメントが不可欠です。
  • PMBOK® Guide第5版 付属文書 X3の人間関係スキルのベースはまず自分の感情をコントロールすることです。「BR(Building Resilience)ストレスをパワーに変える」を学ぶことによってそれが実現できます。
考えをまとめるスキル・説得するスキル
Think on Your Feet®
2日 14.0
《期待される効果》
PMBOK® Guide第5版 付属文書 X3の人間関係のベースを構築するものです。特にコミュニケーションに該当するものです。具体的には次のような効果が期待できます。
  • 短い時間で言いたいことを的確にまとめられるようになり、分かりやすい話ができるようになる。
  • 記憶に残りやすいインパクトを持った話ができるようになり、相手の興味・関心を引くことができるようになる。
  • 相手からの答えにくい質問にも的確に答えることができるようになり、自信をもった話ができるようになる。
部下の生産性と充実感を高めるマネジメントスキル向上
Key Elements of Management
2日 14.0
《期待される効果》
PMBOK® Guide第5版 付属文書 X3の人間関係スキルの主たるものが身に付きます。
  • リーダーシップの要素すべて。特にメンバーを1つのチームにまとめ、個々のメンバーがやる気を出し、高いパフォーマンスを発揮できるようにするために必要なマネジメントのスキルが身に付きます。
  • チームビルディングでは、チームメンバー間の信頼とオープンなコミュニケーションを働きかけ、リーダーシップを発揮するのに有効です。
  • 動機づけの部分は、メンバー個々のさまざまな経歴・期待・目的を踏まえたサポートの仕方を学びます。
  • コミュニケーションでは、メンバーへのフィードバック時における傾聴のスキルを重点的に取り上げます。
  • 影響力はプロジェクトの方向性を共有し、個々のメンバーの行動を観察し指導することによって発揮できます。
思考の品質を上げるための思考スキル向上
Six Thinking Hats®
2日 14.0
《期待される効果》
PMBOK® Guide第5版 付属文書 X3の意思決定に該当するものです。具体的には次のような効果が期待できます。
  • 質の悪い決断を導く感情やエゴに左右されないミーティングができるようになる。
  • 短絡的な判断、誤った決断を避けることができる。
  • より生産的に、効果的に考えることができるようになる。
  • 創造的な解決策を生み出せる。
  • 個人が持つアイデアを最大限に引き出し、また、それらのアイデアを効果的に組織化することができる。
  • 全員の考えを共有しながら、正しい解決策に素早くたどりつけるようになる。
水平思考による創造力強化
Lateral Thinking™
1日 7.0
《期待される効果》
PMBOK® Guide第5版 付属文書 X3の人間関係スキルの意思決定能力が身に付きます。
  • 意思決定プロセスの問題解決の創出において、ブレーンストーミングを行って新しいアイディアを創出するプロセスを、本コースで学ぶ4つのツールを活用することにより、システマチックに、固定概念に縛られない創造的なアイディアを数多く出すことができるようになります。
トップアスリートに学ぶコーピング術
Coping Masters
1日 7.0
《期待される効果》
本コースは、PMBOK® Guide第5版 付属文書X3人間関係のスキル全般を冷静かつ安定的に発揮させるために有効です。
  • 動機づけにおいて、チーム・メンバー個人の価値観を、ストレスパターンから推察できるようになります。
  • 信頼関係の構築において、プロジェクト・マネジャーに求められる行動例にある、「間違っているという恐怖から情報を伝えるのを控えたりせず、間違っている可能性があっても進んで情報共有する」といった冷静な行動ができるようになります。
  • コンフリクト・マネジメントにおいては、プロジェクト・マネジャーに求められる行動例にある、「自分のコンフリクト・マネジメント・スタイルを状況に合わせて効果的に適応させるためのスキル」を身につけることができます。
管理者・育成者のためのコーピング術
Coping Management
1日 7.0
《期待される効果》
PMBOK® Guide第5版 9章のプロジェクト人的資源マネジメントのプロジェクト・チーム育成において、ツールと技法で謳われている、プロジェクトチーム・メンバーの感情を特定し、評価し、コントロールすること、行動を予測すること、関心事を認識することなど、感情的知性を働かせて緊張を減少させることに必要なスキルを習得します。
  • プロジェクト・チーム・マネジメントにおいて、チーム・メンバー全員の強みを活用することにつながる、各自の特性把握を、ストレスパターンから予測することができるようになります。
  • 動機づけにおいて、チーム・メンバー個人の価値観を、ストレスパターンから推察できるようになります。
  • コンフリクト・マネジメントにおいて、プロジェクト・マネジャーに求められる行動例にある、「自分のコンフリクト・マネジメント・スタイルを状況に合わせて効果的に適応させるためのスキル」を身につけることができます。
GTD® Getting Things Done®
ストレスフリーの仕事術
1日 7.0
《期待される効果》
  • 次々に起こる「やるべき事」を瞬時に整理して、高い生産性を維持するスキルを習得します。
  • 自分自身の仕事、気になっていることが整理され、まず次に何をすべきか具体的な行動を明確にできるようになります。
  • 「やらなければならない」とは思いつつ、手が付けられずにいたことに着手できます。
  • 「あれもこれも」と煩わされるストレスから開放され、集中して物事に取り組むことができます。

教育研修プログラム

2017年10月5日
研修用教材等梱包送料改定のお知らせ
2017年10月3日
HRカンファレンス2017 秋 参加します。
2017年9月28日
【無料セミナー開催】10月・11月「生産性向上の5ステップ GTD®体験セミナー」
2017年9月11日
ヒューマンリソシア×ラーニング・マスターズ 共同開催セミナー実施報告
2017年9月4日
インストラクター・ミーティング実施報告

→ お知らせ

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ