印刷範囲
全体プリント
本文プリント

コーピング

コーピングとは

「ストレス対処行動」のことで、世界的に効果が認められている認知行動療法を理論ベースにしている。英語のcope(困難に対処する)に由来。Coping。

認知行動療法は、目の前の出来事に対する否定的な評価や考え方、非合理的な思考を発見し、それを肯定的なもの、合理的なものに変え、その人のとる行動を変えることをめざす。

コーピングは、ストレスに対する評価や考え方に焦点を当てる。どのような出来事をどのように感じているのか、どう評価しているのかをまず知り、自分にとって悪いストレスと良いストレスとを分ける。そして、悪いストレスについては、評価を生み出す否定的なセルフトーク(自己対話)を洗い出し、それを肯定的なものに変える。否定的なセルフトークからは生産的な言動は生まれない。よって、望ましい言動を引き出すには、セルフトークを肯定的なものに変える必要がある。

コーピングは自己のベストパフォーマンスを発揮できるメンタルトレーニング・スキルであり、スポーツ界を含めた各方面で実施されている。

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ