印刷範囲
全体プリント
本文プリント

MRスキル(エムアール・スキル)

MRスキルとは

MR(医薬情報担当者:Medical Representative)に求められる2種類の能力のうちの1つ、「対人スキル」のこと。医師などの医療従事者の感情やニーズをくみ取りながら、適切にコミュニケーションができる能力。もう1つの必要な能力は、高度な薬剤知識や業界知識などの「専門スキル」。

専門スキルはMRという仕事を進めるうえで欠かせない、いわば仕事を前進させる駆動力といえる。自転車の車輪に例えれば「後輪」になる。

一方、MRスキル(対人スキル)は、相手の置かれている状況を見ながら持ち出す話題を調整したり、自分や会社に対する期待や不安を把握しながら接し方を変える、いわば状況に合わせて方向性を定める力といえる。自転車の「前輪」が持つ役割である。

MRは専門スキルとMRスキルを、自転車の両輪のごとくバランス良く習得することが求められる。専門スキル(後輪)が高くてもMRスキル(前輪)が不十分では、良い印象を与えられず、医薬情報の提供や収集に支障をきたし、また、MRスキル(前輪)が高くても専門スキル(後輪)が不十分では、信頼感を獲得できない。

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ