印刷範囲
全体プリント
本文プリント

Dr.のスタイルに合わせた面談力向上(Partnership MR)

Page Index :

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    「苦手なDr.」が生じる理由を知り、対応していくために

    「自分を知る」ことでの「MR活動スキルの向上」を目的にした、MRとMRマネジャー向けの参加型・対話型の研修プログラムです。基本となるのは「パーソナル・スタイル」理論。あなたを4つのタイプのどれかに分類することから始めます。

    おすすめ

    階層・対象

    • 若手社員

    • 中堅・ベテラン社員

    • 管理者

    • 営業

    課題・テーマ

    • 営業力強化
    • コミュニケーション
    • リーダーの育成
    • マネジメント能力
    • パーソナリティ・自己認識
    • 社内講師育成による展開可能

    プログラム概要

    目的 自分が「他人からどう見られているか」を知り、自分の「パーソナル・スタイル」を理解することで、さまざまなDr.や医療関係従事者に対応するための能力を向上させる。
    対象者 MR(経験3年以上)、MRマネジャー
    人数

    当社はお客さまと、1回あたりの人数、実施日数(所要時間)、開催回数と総受講者数などをご相談したうえで、お見積もりを提示しております。また、内容面も、お客さまの実施目的を伺ったうえで、一部カスタマイズし、実施しております。そのため、実施費用については個別契約になります。お手数をおかけしますが、概算費用については、当社までお問い合わせください。

    なお、本プログラムを公開講座として当社内で実施する場合は、本サイトの「イベント・セミナー」にて、その内容と価格などの情報を掲載いたします。

    期間
    価格

    プログラム詳細

    本プログラムで、次のような問題が解決できます。

    • 自分のやり方が通じないDr.がいて、その理由が分からない――なぜ通じないのか、その理由が分かります。
    • 「苦手なDr.」ができてしまい、そこへの定期訪問が減り、訪問先に偏りが出てきている――負のスパイラルからの脱し方が分かります。
    • 「得意なDr.」と「苦手のDr.」があり、採用や処方の獲得で差が出てしまう――「苦手なDr.」でも、成果につながる接し方が分かります。

    「パーソナル・スタイル」理論では、人を「思考派」「行動派」「協調派」「感覚派」に分類します。それぞれのスタイルの人が、人との接し方、時間の使い方、仕事への取り組み方、決断の仕方でどのように行動するかを知ることで、どんなDr.とでも、より良く接する方策を考えることができます。

    ※受講前に「パーソナル・スタイル調査」を実施します。

    受講後に期待される効果

    • 自分の「パーソナル・スタイル」を理解し、Dr.の「パーソナル・スタイル」を識別できるようになります。「相手を知る」ことで、対応方法は変わってきます。
    • 「なぜ自分はあのDr.が苦手なのか」、その理由を知ることで、対応方法が分かるようになります。
    • 機会損失につながる「偏り訪問」が減り、成果につながるMR活動ができるようになります。

    特長

    • 事前に自分の「パーソナル・スタイル」を調べることで、自分が周りの人たちからどのように見られているか、また、相手に合わせた対応ができているかを、客観的に把握できます。
    • ビデオケースやグループワーク、ロールプレイを通して「パーソナル・スタイルとは何か」を体系的に理解することで、さまざまなDr.に対応する能力を、現場で実践できるレベルまで向上できます。

    研修スケジュール(標準の場合)

    1日目
    9:00

    1.オリエンテーション

    • コースの目的、コースの進め方
    • 苦手なDr.

    2.パーソナル・スタイルの理解

    • 支配性・社交性(ビデオとグループワーク)
    12:00 昼食
    13:00
    • 4つのパーソナル・スタイル(ビデオとグループワーク)
    • パーソナル・スタイル調査結果の配付
    • 4つの要素
    • スタイルの識別
    • 同じスタイルでの練習(グループワーク)
    17:00
    2日目
    9:00
    • 緊張とストレス
    • スタイル別のストレス行動(ビデオ)
    • ストレス行動への対処
    12:00 昼食
    13:00

    3.MR活動とパーソナル・スタイル

    • 安心度合調査結果の配付
    • 安心度合向上のポイント(ロールプレイ)
    • 安心度合の向上計画
    17:00

    インストラクターから見たプログラムのポイント

    Dr.と面談できる時間を数分しか確保できない環境下で、その短い時間で何を伝えるか?が多くのMRの課題になっています。しかし、同様に大切なのは「どのように」伝えるかです。それも、面談時だけのことを考えればいいわけではありません。手がかりは、Dr.のパーソナル・スタイルです。そして、MR(皆さん)自身のスタイルです。この研修で、面談に役立つヒントを手に入れてください。

    田所 祐輝
    プロフィール詳細

    竹内 成司
    プロフィール詳細

    ※上記以外のインストラクターが担当することもございます。

    開発経緯・歴史

    1990年から提供し、これまでに約3万人が受講しているシリーズを、MRを対象にしたものです。Dr.、特に苦手と感じるDr.や医療関係者と、どう交流するかを考察する内容になっています。
    このプログラムのコアにある「パーソナル・スタイル理論」とは、人を4つのタイプに分けるという考え方が基本にあります。人をタイプ別に分けるテーマについては多くの研究がなされていますが、その出発点が、スイスの心理学者カール・ユング(Carl Gustav Jung、1875-1961)の「タイプ論(Psychological Types)」です。この「タイプ論」はユング以降、さまざまな派生理論の形で各方面において研究され、その1つをベースに、ラーニング・マスターズが米国パートナー企業ADVANTIS Research & Consultingと、共同で教育研修プログラム化しました。

    教育研修プログラム

    2017年10月19日
    保険毎日新聞に掲載されました
    2017年10月5日
    研修用教材等梱包送料改定のお知らせ
    2017年10月3日
    HRカンファレンス2017 秋 参加します。
    2017年9月28日
    【無料セミナー開催】10月・11月「生産性向上の5ステップ GTD®体験セミナー」
    2017年9月11日
    ヒューマンリソシア×ラーニング・マスターズ 共同開催セミナー実施報告

    → お知らせ

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    ページの先頭へ