印刷範囲
全体プリント
本文プリント

インストラクションスキル:基本編(Basic Instruction Skills)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    社内インストラクターに必要な「スキルとマインド」を習得できる

    研修には、会社のことをよく知っている社員をインストラクターにするのが一番。これは一面では正しいのですが、その社員がインストラクターとしてのスキルを持っていなければ、するほうも受けるほうも、不幸です。研修をしても時間のムダとなってしまいます。多くの企業で研修を担ってきたラーニング・マスターズだから可能な、企業内研修の社内インストラクター向けの研修プログラムです。

    おすすめ

    階層・対象

    • 人事・人材開発

    課題・テーマ

    • プレゼンテーション力
    • インストラクション
    • 研修デザイン

    プログラム概要

    目的 成果の出る研修を運営するのに必要な考え方と、インストラクションスキルを身につける。
    対象者 教育研修担当者
    • これから社内インストラクターになる方
    • 社内インストラクターとしての自分の経験を再度整理されたい方
    人数

    当社はお客さまと、1回あたりの人数、実施日数(所要時間)、開催回数と総受講者数などをご相談したうえで、お見積もりを提示しております。また、内容面も、お客さまの実施目的を伺ったうえで、一部カスタマイズし、実施しております。そのため、実施費用については個別契約になります。お手数をおかけしますが、概算費用については、当社までお問い合わせください。

    なお、本プログラムを公開講座として当社内で実施する場合は、本サイトの「イベント・セミナー」にて、その内容と価格などの情報を掲載いたします。

    期間
    価格

    プログラム詳細

    一般の企業では「インストラクターになるために入社」した社員はいません。人材開発部門に異動し、ある日突然、「社内研修の講師をしてくれ」と言われて、インストラクターになるケースがほとんどです。しかし「知っていること」と「教えられること」とはイコールではありません。研修を内製化する場合は、「研修インストラクターのための研修」を受けることをおすすめします。
    次のような悩みを持つインストラクターこそ、有能なのです(無能なインストラクターは何も気づかないのです)。

    • 「教える内容」は分かっているが、どうすればいいのかまったく分からない。
    • これまで自己流でインストラクションをしてきたが、本当にこれでいいのか確信が持てない。
    • 研修中、参加者が寝てしまう。笑わせる必要はないと思うが、退屈に感じさせない方法が分からない。
    • 研修をうまく運営できず、参加者に活発なディスカッションをしてもらいたいが、そう導けない。

    本プログラムでは、これらを解決するための、「分かりやすい説明のための5原則」「参加者の発言を引き出す方法」など具体的な「知識」「スキル」を習得できます。

    受講後に期待される効果

    • 「分かりやすく伝える」スキルが習得できます。
    • 受講者の「意見の引き出し方」が習得できます。
    • 「インストラクターに求められる要素が、明確に理解できます。
    • 参加者の満足を獲得できる、効果的なコース進行ができます。
    • インストラクターとして自信が持てます。

    特長

    • インストラクターとしてのスキルと考え方を、コンパクトに理解可能。
    • 学習するスキルと考え方を、そのまま当コースの進行に適用。
    • 実践で活用できるよう、実際の研修の一部を題材として練習。

    研修スケジュール(標準の場合)

    1日目
    9:00

    1.オリエンテーション

    • 最初のインストラクション
    • コースの目的

    2.分かりやすく「説明する」スキル

    12:00 昼食
    13:00

    3.参加者の意見を「引き出す」スキル

    4.インストラクターの「マインド」

    5.総合演習

    6.まとめ

    17:00

    インストラクターから見たプログラムのポイント

    インストラクションとは、「参加者に、教育目標を達成させるために、参加者との対話を通じて、教育内容を理解し習得させること」ととらえ、「インストラクションに求められる3要素」を習得するコースです。具体的には、①参加者の考えや意見を「引き出す」スキル。②分かりやすく「説明する」スキル。③自己管理にあたるインストラクターの「マインド」や準備を取り上げます。主に、参加者の心理状態やインストラクショナルデザイン理論の観点から、インストラクションスキルを考える点が特長です。

    雑賀 日出夫
    プロフィール詳細

    和栗 章
    プロフィール詳細

    ※上記以外のインストラクターが担当することもございます。

    開発経緯・歴史

    当社が実施しているインストラクター養成方法に、インストラクショナル・デザイン理論の観点を盛り込み、体系化したコースです。

    教育研修プログラム

    2017年12月13日
    年末年始休業のお知らせ
    2017年12月13日
    『リーダーシップ開発 ベスト・プラクティス』シリーズ2 公開
    2017年12月12日
    コーピングセミナーが日本能率協会(JMA)にて開催されます
    2017年11月24日
    HRカンファレンスに参加しました
    2017年11月20日
    九州にて、GTD®無料体験セミナーを開催します

    → お知らせ

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    ページの先頭へ