印刷範囲
全体プリント
本文プリント

部下の生産性と充実感を高めるマネジメントスキル向上(Key Elements of Management)

Page Index :

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    「人が育つ組織づくり」のスキルを学ぶ――「組織をまとめる6つの要素」とは

    マネジメントの王道である「部下の生産性と充実感を高めるスキル」の習得を目的に、新任管理者向けの、グループワーク、ロールプレイを用いた研修プログラムです。「人が育つ組織」にするためには、何が必要なのかの「6つの要素」が分かります。

    おすすめ

    階層・対象

    • 管理者

    • 経営者・経営幹部

    • 営業

    • 研究開発・エンジニア

    • 人事・人材開発

    課題・テーマ

    • 営業力強化
    • リーダーの育成
    • マネジメント能力
    • チームビルディング
    • 社内講師育成による展開可能
    • PDU取得

    プログラム概要

    目的 新任管理者が、「組織をまとめる6つの要素」を習得し、充実感を伴う高い生産性を持った職場をつくるための方法を学ぶ。
    対象者 新任管理者~中堅の管理者
    人数

    当社はお客さまと、1回あたりの人数、実施日数(所要時間)、開催回数と総受講者数などをご相談したうえで、お見積もりを提示しております。また、内容面も、お客さまの実施目的を伺ったうえで、一部カスタマイズし、実施しております。そのため、実施費用については個別契約になります。お手数をおかけしますが、概算費用については、当社までお問い合わせください。

    なお、本プログラムを公開講座として当社内で実施する場合は、本サイトの「イベント・セミナー」にて、その内容と価格などの情報を掲載いたします。

    期間
    価格

    プログラム詳細

    初めて管理者になった方の、次のような悩みと不安を解決します。

    • 何を、どのようにマネジメントしたらよいか分からない。
    • 組織の理念やビジョンや目標を、部下やメンバーと合意して共有するためには、どうしたらよいかが分からない。
    • 部下やメンバーとの接し方(ほめ方、叱り方、命じ方、報告の受け方)が分からない。

    受講後に期待される効果

    • 「6つの要素」を習得することによって、充実感を伴う高い生産性を持った組織を実現できるようになります。
    • 部下やメンバーと仕事の目的や目標で、互いに合意するための方法が分かるようになります。
    • 部下やメンバーの仕事ぶりに合わせた、効果的なほめ方と叱り方ができるようになります。

    特長

    • グループワークを通して、マネジメントの体系的な理解が図れます。
    • ロールプレイにより、職場で実践できるレベルまでスキルを引き上げられます。
    • 簡易自己採点表を使い、自分のマネジメント力の現状を可視化して理解できます。

    研修スケジュール(標準の場合)

    1日目
    9:00

    1.オリエンテーション

    • コースの目的、コースの進め方

    2.マネジメントのあり方

    • 生産性と充実感

    3.マネジメントの鍵となる要素

    • 信頼の要素
    12:00 昼食
    13:00
    • 組織をまとめる6つの要素

    4.「引き金」のマネジメント

    • 組織の理念を共有する
    • ビジョンを共有する
    17:00
    2日目
    9:00

    (1日目の復習)

    • 目標を合意する

    5.「結果」のマネジメント

    • フィードバックを伝える
      -良い点をほめる(ロールプレイ)
    12:00 昼食
    13:00
    • フィードバックを伝える
      -問題点を指摘する(ロールプレイ)
    • 援助する
    • 認める

    6.まとめ・振り返り

    17:00

    インストラクターから見たプログラムのポイント

    どの企業にも組織の「長」として着任するたびに、業績を高める(復活させる)ことができる人がいます。いわば組織再生請負人のような人です。その組織再生請負人の多くは、周りのメンバーの心を掴みチームワークを作り上げることが上手です。この研修は彼らが実践している要素を、組織心理学から整理体系化したものです。マネジメントに悩んでいる方にはぜひ受講してもらいたい研修です。

    奥野 幸治
    プロフィール詳細

    雑賀 日出夫
    プロフィール詳細

    ※上記以外のインストラクターが担当することもございます。

    開発経緯・歴史

    2008年に開発し、2013年に全面改訂したプログラムで、累計1万名以上の管理者(マネジャー)が受講しています。
    ラーニング・マスターズでは、設立以来、自社あるいは海外提携先と連携し、マネジメント層のパフォーマンス分析を行ってきました。その調査対象者は1,000名以上になります。業務評価点の高いマネジャーと、そうでないマネジャーの対比研究から、高い業務評価点を出し続けているマネジャーの組織が持つ共通要素が、「高い生産性」と「構成メンバーの充実感」の両立にあると浮かび上がりました。この結果を受けて、マネジメント層のパフォーマンス診断ツール「管理者行動診断」と、本プログラムの前身であるマネジメント向け研修プログラムを開発しました。

    おすすめプラン

    教育研修プログラム

    2017年10月19日
    保険毎日新聞に掲載されました
    2017年10月5日
    研修用教材等梱包送料改定のお知らせ
    2017年10月3日
    HRカンファレンス2017 秋 参加します。
    2017年9月28日
    【無料セミナー開催】10月・11月「生産性向上の5ステップ GTD®体験セミナー」
    2017年9月11日
    ヒューマンリソシア×ラーニング・マスターズ 共同開催セミナー実施報告

    → お知らせ

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    ページの先頭へ