印刷範囲
全体プリント
本文プリント

診断レポートに基づく対話力強化研修

    個人のパーソナリティに合わせた組織のコミュニケーション向上

    組織の一人ひとりが、性格や個性に基づく対話の仕方の特徴や傾向、課題を認識したうえで、具体的なスキルを学び、「オーダーメイド」のコミュニケーション向上計画を手に入れます。コミュニケーションの質を上げることが、組織の問題発生を防ぎ、問題解決につながります。

    おすすめ

    階層・対象

    • 内定者

    • 新入社員

    • 若手社員

    • 中堅・ベテラン社員

    • 管理者

    • 経営者・経営幹部

    • 営業

    • 研究開発・エンジニア

    • 人事・人材開発

    課題・テーマ

    • コミュニケーション
    • リーダーの育成
    • マネジメント能力
    • 生産性の向上
    • チームビルディング
    • パーソナリティ・自己認識
    • 組織変革

    プログラム概要

    目的 個人のパーソナリティ(性格)に基づいた、対話において発揮される強みと弱みを把握し、意義ある対話のための5つのスキルを身につける。
    対象者 組織の中で働く人
    人数

    当社はお客さまと、1回あたりの人数、実施日数(所要時間)、開催回数と総受講者数などをご相談したうえで、お見積もりを提示しております。また、内容面も、お客さまの実施目的を伺ったうえで、一部カスタマイズし、実施しております。そのため、実施費用については個別契約になります。お手数をおかけしますが、概算費用については、当社までお問い合わせください。

    なお、本プログラムを公開講座として当社内で実施する場合は、本サイトの「イベント・セミナー」にて、その内容と価格などの情報を掲載いたします。

    期間
    価格

    プログラム詳細

    コミュニケーションにおける次のような悩みを解決します。

    • 対話の場で相手の本音が引き出せず、表面的なやりとりになってしまう。
    • 自分の意図を伝えて、相手の真意を汲み取る努力をしているのに、商談が良い結果につながらない。
    • オンライン主体の社内コミュニケーションがうまく機能せず、社員のロイヤルティが低下している。

    本プログラムでは、事前に受検する「パーソナリティ診断(Facet5)」の対話力に特化した診断レポートにより、対話に現れる個人の強みと課題を客観的に把握します。そのうえで、意義ある対話のための5つの観点(スーパースキル)を理解し、一人ひとりに合った向上策を講じることができます。

    受講後に期待される効果

    • コミュニケーション上の問題点とその原因が具体的に分かり、改善への強いモチベーションが生まれます。
    • 組織における対話の重要性を理解し、個人の対話力を踏まえたコミュニケーション向上策が分かります。
    • 上司や部下、関係者とのコミュニケーションが向上し、組織の問題解決につながります。
    • 必要なことを相手に伝わりやすくしたり、相手から話を引き出しやすくしたりするための、対話のコツをつかめます。
    • 「会話上手な人があたりまえにやっていて、自分ができていないこと」が明確になり、演習を重ねることで、実践できるようになります。

    特長

    • 対話力に特化した診断レポートにより、個人の対話力を客観的に把握できます。
    • ゲームやグループワークを通して、意義ある対話のための5つのスキルを体系的に理解します。個人のパーソナリティに合わせて、強みを活かしながら、強化したり留意したりする部分を把握し、コミュニケーション能力を向上します。

    研修スケジュール(標準の場合)

    1日目
    9:00

    1. オリエンテーション

    • コースの目的

    2. 概論の理解

    • 現代のマネジメント
    • 3つのタイプの会話
    • 信頼の方程式
    • Facet5「SuperSkills」診断レポート フィードバック
    12:00 昼食
    13:00

    3. 意義ある対話のための5つの観点

    1. 存在感
      ・ゲーム(1-2-3ゲーム)
    2. 自己認識
      ・SCARFモデル
      ・氷山モデル
    3. 解読
      ・ゲーム(絵並べゲーム)
    4. 発言
    5. フロー管理

    4. 「行動計画シート」の作成

    17:00

    インストラクターから見たプログラムのポイント

    Facet5のパーソナリティデータに基づく個人の診断レポートにより、「対話」における傾向を知り、一人ひとりのパーソナリティを踏まえた課題と解決策に向き合うことができます。オンラインコミュニケーションが増えていくことが予想できる昨今、ますます重要性が増すのが「対話」です。本プログラムにより、対話とはなにかといった知識や深い気づきだけではなく、明確な改善策を得ることができるでしょう。

    奥野 幸治
    プロフィール詳細

    北川 潤
    プロフィール詳細

    ※上記以外のインストラクターが担当することもございます。

    開発経緯・歴史

    本プログラムは、Facet5社が提供する「The 5 SuperSkills of Great Conversations™」のワークショップを基に、ラーニング・マスターズが日本国内の企業や組織に向けてコースデザインを行い、教育研修プログラム化したものです。
    「The 5 SuperSkills of Great Conversations」は、会話において核となるスキルとして、パーソナリティ診断を世界的に展開するFacet5社とイギリスのThe Right Conversation社(TRC社)が共同開発しました。TRC社とロンドン・ビジネス・スクールの共同研究で明らかになった、生産性と充実感の両立する組織の共通要素と、「パーソナリティ診断(Facet5)」の各ファクターとの相関分析から導き出された観点です。

    教育研修プログラム

    2022年4月15日
    2022年 ゴールデンウィーク休業のお知らせ
    2022年1月27日
    教育研修プログラム「診断レポートに基づく対話力強化研修」を掲載しました
    2021年12月9日
    【2022年1月~2月開催】無料セミナーお申し込み受付開始
    2021年12月3日
    2021~2022年 年末年始休業のお知らせ
    2021年10月11日
    【2021年11月開催】無料セミナーお申し込み受付開始

    → お知らせ

    ページの先頭へ