印刷範囲
全体プリント
本文プリント

変化を乗り切るためのマネジメント(Managing for Change)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    変化対応マネジメントの基本――名著『アフターショック』がベース

    職場や組織を襲う「変化=ショック」に対応し、乗り切ることを目的にした、管理者やチームリーダー向けの研修プログラムです。経営者は企業戦略を考え、現場に「変化」を求めてきます。その変化は、現場で働く人々にとっては、例えば、リストラのように「ショック」となり、職場には緊張と混乱が生じます。その「変化=ショック」の影響を最小限にするための、管理者やチームリーダーとしての対応法を学びます。名著『アフターショック』がベースとなっている、定評と実績のあるセミナーです。

    おすすめ

    階層・対象

    • 管理者

    • 経営者・経営幹部

    • 営業

    • 研究開発・エンジニア

    • 人事・人材開発

    課題・テーマ

    • リーダーの育成
    • マネジメント能力
    • チームビルディング
    • ストレス・メンタルヘルス
    • 組織変革

    プログラム概要

    目的 変化によって生じた「職場の緊張と混乱」による、パフォーマンスの低下を最小限に抑え、変化を乗り切るためのマネジメントを習得する。
    対象者 管理者、チームリーダー層
    人数

    当社はお客さまと、1回あたりの人数、実施日数(所要時間)、開催回数と総受講者数などをご相談したうえで、お見積もりを提示しております。また、内容面も、お客さまの実施目的を伺ったうえで、一部カスタマイズし、実施しております。そのため、実施費用については個別契約になります。お手数をおかけしますが、概算費用については、当社までお問い合わせください。

    なお、本プログラムを公開講座として当社内で実施する場合は、本サイトの「イベント・セミナー」にて、その内容と価格などの情報を掲載いたします。

    期間
    価格

    プログラム詳細

    次のような「変化=ショック」に直面している管理者や、リーダーの悩みを解決します。

    • 企業戦略の変化よる分社化、組織再編、合併などの「ショック」が訪れたことにより、職場に緊張や混乱が起こり、パフォーマンスが低下している。
    • 管理者として、自分自身が大きな「変化=ショック」をどのように受け止めたらよいか分からない。
    • 「変化=ショック」に遭遇して混乱している部下の、サポートの仕方が分からない。

    受講後に期待される効果

    • 職場を襲う「変化=ショック」をどのように受け止めたらよいかを、理解できるようになります。
    • 「変化=ショック」を乗り切るためのビジョンを描くことで、部下やメンバーのベクトル合わせができるようになります。
    • 部下が「変化=ショック」に遭遇して混乱し、パフォーマンスが低下することを、最小限に抑えるための、具体的なサポートができるようになります。

    特長

    • 自分の経験と照合しながら、変化対応モデルやコンセプトを理解できます。
    • グループワークやロールプレイを通して、変化を乗り切るためのマネジメントを習得できます。

    研修スケジュール(標準の場合)

    1日目
    9:00

    1.オリエンテーション

    • コースの目的
    • Nモデル
    • 成長曲線

    2.変化に対する人の反応

    • 変化の3段階
    • 4つの反応
    12:00 昼食
    13:00

    3.セルフマネジメントと信頼

    4.CSEサポート・システム

    5.変化に強い組織を作る

    • ビジョンと計画

    6.危機状況の人を助ける

    • 4つの反応別 CSE
    17:00

    インストラクターから見たプログラムのポイント

    「変化・変革に取り組んでいる会社は、性急に会社の問題を解決し、できるだけ早く対策に取り組もうとするあまり、社内の人々の反応を無視する傾向、あるいは単なる障害としてしか見ない傾向にある。その結果、溝ができてしまう。変化が起こると溝ができる。変化の起こし手である経営者や管理者と、受け手の一般社員との間にできた溝である。非常に簡単な言い方をすれば、変化のマネジメントとは、マイナス1とプラス1の間のギャップを埋めるプロセスなのだ。」-(新版アフターショック:プロローグ Nモデルより)

    﨑山 千春
    プロフィール詳細

    住友 光男
    プロフィール詳細

    ※上記以外のインストラクターが担当することもございます。

    開発経緯・歴史

    理論の背景となるのは、ジョージ・ランド博士の成長曲線、ウィリアム・ブリッジスの変化モデル、ハリー・ウッドワード博士のNモデル、変化の4つの反応、CSEサポート・システムです。これらをもとに書かれた、ハリー・ウッドワード、スティーブ・バッコルツ著『アフターショック』がベースとなっています。1992年に著者のハリー・ウッドワード氏が来日し、ラーニング・マスターズがライセンス契約をし、1995年に日本で研修プログラムとして開発しました。製造業、金融機関、サービス業など、変化に遭遇している幅広い業界での実績があります。
    変化に対して人がどのように反応するのか、その反応は組織活動で生産的なものであるのか――この問いに、理論だけでなく、組織での調査を重ねて実証してきたものを研修プログラム化し、現代社会で「変化=ショック」に見舞われている人々に、それを乗り越えるスキルを説きます。

    教育研修プログラム

    2017年12月13日
    年末年始休業のお知らせ
    2017年12月13日
    『リーダーシップ開発 ベスト・プラクティス』シリーズ2 公開
    2017年12月12日
    コーピングセミナーが日本能率協会(JMA)にて開催されます
    2017年11月24日
    HRカンファレンスに参加しました
    2017年11月20日
    九州にて、GTD®無料体験セミナーを開催します

    → お知らせ

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    ページの先頭へ