印刷範囲
全体プリント
本文プリント

研修コースデザイン(Learning Style Seminar)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本上陸から25年、ラーニング・スタイル・セミナー運営のノウハウを習得

    参加者を巻き込むラーニング・スタイル・セミナーの、企画・コースデザインに必要な、知識とスキルを学ぶ、教育担当や社内インストラクター向けの研修プログラムです。ラーニング・マスターズが培ってきたノウハウを教えるものなので、「そんなことをしたら、その企業からの今後の仕事がなくなる」との反対意見もありましたが、ラーニング・スタイル・セミナーを日本に定着させるために、あえてプログラムとして販売しています。

    おすすめ

    階層・対象

    • 人事・人材開発

    課題・テーマ

    • インストラクション
    • 研修デザイン

    プログラム概要

    目的 ラーニング・スタイルのセミナーについて理解し、研修のコースデザインができるようになる。
    対象者 研修担当者、社内講師など研修企画に携わる方
    人数

    当社はお客さまと、1回あたりの人数、実施日数(所要時間)、開催回数と総受講者数などをご相談したうえで、お見積もりを提示しております。また、内容面も、お客さまの実施目的を伺ったうえで、一部カスタマイズし、実施しております。そのため、実施費用については個別契約になります。お手数をおかけしますが、概算費用については、当社までお問い合わせください。

    なお、本プログラムを公開講座として当社内で実施する場合は、本サイトの「イベント・セミナー」にて、その内容と価格などの情報を掲載いたします。

    期間
    価格

    プログラム詳細

    社内研修担当者が抱える、さまざまな段階での問題を解決します。

    • 研修の企画や、コースデザインの作り方が分からない。
    • 現在行っているコースを見直したいが、どこから手をつけたらよいのか分からない。
    • 講義形式の研修の受講者の反応が良くない。行動変容につながるコースの作り方が分からない。

    受講後に期待される効果

    • 理論に基づいたコースデザイン方法が習得できます。
    • 目的と目標を達成するコースデザインの開発が可能になり、参加者の満足度合が向上します。
    • ラーニング・スタイルでの研修を通して、参加者に「気づき」を与えることで、行動変容への動機づけが図れます。

    特長

    • 自分が現在担当している研修や、新たに企画しようとしている研修を題材にして受講できます。
    • 参加型研修のメリットを理解し、参加者に「気づき」を与えるための、具体的な方法を習得できます。

    研修スケジュール(標準の場合)

    1日目
    9:00

    1.オリエンテーション

    • 学習経験の振り返り

    2.コースデザイン

    • GIOとSBO
    • What/Why
    12:00 昼食
    13:00

    3.4MATシステム

    • コースデザインの練習
    17:00

    インストラクターから見たプログラムのポイント

    大きな地震があっても、壊れない建物や橋があります。研修の場合も、受講者の経験や課題がまちまちでも、終了時点の満足度が高く、職場での実践につながる研修があります。両者に共通しているのは『優れた構造』です。この研修では、受講者の効果的な学びや職場での実践につながる研修プロセス(構造)とはどういうものなのかをみていきます。研修の流れや進め方を考える方々は、是非ご参加ください

    雑賀 日出夫
    プロフィール詳細

    和栗 章
    プロフィール詳細

    ※上記以外のインストラクターが担当することもございます。

    開発経緯・歴史

    このプログラムは、ラーニング・マスターズの米国パートナーであるハリー・ウッドワード博士(Dr. Harry Woodward)が開発したラーニング・スタイル・セミナーを、日本向けにしたもので、1992年に提供を開始しています。
    「ラーニング・スタイル」とは、研修を双方向型で進行することです。それまでの日本の企業研修は講義形式(講師が一方的に話すだけ)が主流でしたが、米国では1990年代に入るころには、このスタイルでの研修があたりまえとなっていました。
    このプログラムの内容は、「良質な研修の設計方法」という、当社のノウハウそのものでしたので、当初は積極的な販売はしませんでした。しかし、顧客先各社で企業研修の内製化が進むにあたり、そのサポートをすることが多くなり、こういう内容はむしろ世の中に広く知ってもらうべきだと考えを改めました。
    最近は公開講座の実施をからめて積極的に販売し、一般社団法人日本能率協会様のセミナーにも組み込んでいただいております。

    教育研修プログラム

    2017年12月13日
    年末年始休業のお知らせ
    2017年12月13日
    『リーダーシップ開発 ベスト・プラクティス』シリーズ2 公開
    2017年12月12日
    コーピングセミナーが日本能率協会(JMA)にて開催されます
    2017年11月24日
    HRカンファレンスに参加しました
    2017年11月20日
    九州にて、GTD®無料体験セミナーを開催します

    → お知らせ

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    タグ :
    ページの先頭へ