印刷範囲
全体プリント
本文プリント

初めて教育研修担当になった方へ

Page Index :

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    初めて教育研修担当になった皆さんは、与えられた役割について、期待と同時に不安も抱いているのではないでしょうか。ここでお伝えすることが、多少でも皆さんの不安の解消につながれば幸いです。

    できれば耳にしたくないこと

    皆さんの業務の中心になるのが、研修の企画や実施、そのフォローかと思います。これまでは受講する立場であったのが、これからは企画・実施する側になるわけですが、できることなら以下のような「受講者の声(社員の声)」は、耳にしたくないでしょう

    • 研修の目的が分からない
    • 内容がつまらない
    • 仕事の役に立つとは思えない
    • 講師が一方的
    • 講師がわが社のことを知らない

    こうした「声」が出るのには、原因があります。一言でいえば、やるべきことやっていなかったから…ととらえることができます。では、やるべきこととは、何でしょうか。

    望ましい結果を得るための秘訣

    望ましい結果を得るために大切なことは、教育研修を「企画」「実施」「フォロー」「測定」の4つの段階で考えることです。1つずつ見ていきます。


    1.教育の企画(教育研修全体と個々の企画)

    企画の段階では、以下のことを留意することが重要です。

    1. ビジョンとのつながりを意識する
      通常、会社には理念と同様にビジョンがあります。最近では会社のビジョンを実現するために、人材育成ビジョンを作っている会社も増えてきました。会社として、個人として、どのようになりたいのかというイメージを、共有しながら企画することが大切です。
    2. 目的は課題解決
      企業研修の主たる目的は、課題解決です。なりたい姿(ビジョン)に近づくために、現在問題になっていることを解決します。したがって、受講者が直面している課題をしっかりと把握することが大切です。
    3. 育成体系の構築
      ビジョン実現と課題解決を目的に、新しい育成体系を構築したり、既存の体系を修正したりします。体系は、「いつ、誰に、何を、どのように、どこが行うのか」を検討し、まとめたものです。今後業務を推進していく際のよりどころになる資料です。
    4. コースデザイン
      体系を基にして、研修のコースデザインをします。特に、複数の社内講師が同じ内容で研修を実施するためには、しっかりとしたコースデザインをし、共有しておくことが必要です。コースデザインは以下のプロセスで進めます。
      1. GIOとSBOの設定
        個々の研修の目的(GIO:General Instructional Objectives)や、達成目標(SBO:Specific Behavioral Objectives)を考えます。それにより、漏れなくダブりなく(MECE:Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)実施することができるようになります。
      2. WHAT/WHYで全体をデザイン
        研修のGIOとSBOを達成するために、WHAT/WHY(何を行うのか/なぜ行うのか)のフレームで、研修内容全体を作りこんでいきます。
      3. 4MATモデルで進め方を工夫
        受講者にとって、気づきが多く楽しい研修にするために、個々の研修の進め方に『工夫』をします。ここでは4MAT(Bernice McCarthyの学習理論)モデルに基づいてWHAT/WHYで一通り作ったコースデザインを、再構築することをお勧めします。

    2.教育の実施

    「受講者の声」がもっとも多くあがる段階です。ここはズバリ、講師の力量が結果を左右します。社内講師、外部講師に関わらず、以下の3項目を常に意識し、実践していくことが必要です。

    1. 説明する
      話しすぎずに、ポイントを要領よく説明することは大切なことです。
    2. 引き出す
      話が一方的にならずに、参加者から意見を引き出すのも重要な役割です。
    3. マインド
      参加者は講師の熱心な態度に影響されます。

    3.教育のフォロー

    職場(現場)での実践および定着化に向けたフォローは、2つの視点で考えます。

    1. 上司のOJTによるフォロー
      参加者が学んだ内容を上司が理解し、そのうえでOJTを実践することは、スキルアップにつながります。
    2. 参加者同士によるフォロー
      参加者同士によるフォローアップは、行動変容に良い影響を与えてくれます。

    4.効果の測定

      1. 学んだことと、その実践度合について調べます。教育研修の実施前後で測定することで、どれくらい理解しているか、または行動変容しているかが分かります。

     

      1. 4つの視点(「企画」「実施」「フォロー」「測定」)について、ラーニング・マスターズは独自のノウハウを持っています。詳しくはお問い合わせください。

    お問い合わせ、およびその後の一般的な流れ


    お問い合わせをいただいてからの流れは、以下のようになります。

    1.お問い合わせ

    お客さまからお問い合わせをいただきます。(下記に「お問い合わせフォーム」があります。)

    2.面談・提案

    当社のパフォーマンス・コンサルタントが、お悩みやご希望をヒアリングし、最適な解決策を提案いたします。状況に応じて、診断ツールによる課題分析を行います。

    3.研修/コンサルティング

    教育研修プログラムや診断結果を用いて、研修やコンサルティングを行います。

    4.フォロー

    トレーニング内容を定着させるために、フォローツールなどを用いて、効果の持続や行動の習慣づけをサポートします。

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    ページの先頭へ