印刷範囲
全体プリント
本文プリント

ラーニング・マスターズの
働き方改革実現に向けたサポート

    2018年6月に、働き方改革関連法が成立し、各企業が本格的に取り組みを始めています。働き方改革への取り組みは、社内外から注目され、優秀な人材の確保にも影響を及ぼします。人事や労務のみならず、人材開発や人材育成の担当者をも悩ませる問題です。

    しかし、「どこから手をつけたらよいか分からない」「何をしたらよいか分からない」という声が少なくありません。ラーニング・マスターズは、人事や人材育成、人材開発部門の担当者が抱える課題の解決をサポートし、働き方改革の実現に貢献します。

    働き方改革とは

    「働き方改革」は、日本経済再生に向けた政策の1つです。

    働く人の視点に立った、労働制度の抜本改革で、少子高齢化を克服するための労働生産性の改善や、多様な働き方を選択できる社会の実現などを目指しています。


    働き方改革の代表的な取り組み

    • 同一労働同一賃金などの非正規雇用の処遇改善
    • ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた長時間労働是正
    • 柔軟な働き方がしやすい環境整備(テレワーク、副業など)
    • 単線型の日本のキャリアパスを変えるための転職・再就職支援

    (参考:厚生労働省ウェブサイト※PDFが開きます

    (参考:帝国データバンク「働き方改革に対する企業の意識調査」※PDFが開きます

    働き方改革を推進するための3要素

    働き方改革を推進するためには、3つの要素が総合的に機能していることが必要です。

    1. 戦略

    働き方改革についての戦略やビジョン

    組織の大きなうねりとして働き方改革を推進していくには、働き方改革についての戦略やビジョンの策定と、その浸透が欠かせません。「働き方改革を推進することで、自分たちは何を実現したいのか」という問いに対して、明確な答えを持つことが、改革をただの“お題目”にしないための第一歩です。

    2. しくみ

    働き方改革を支援する制度、体系、規則、労働環境

    メッセージを発信するだけで、あとは社員の努力次第。――当然ながら、これでは人は動きません。柔軟な労働時間制度や休暇取得の奨励といった、働き方改革のための社内制度の改定、各種体系の見直し、労働環境の整備や改善なども重要です。

    3. 人

    働き方改革に向けた社員一人ひとりの考え方や意識、行動

    最近では、特に長時間労働の是正が改革の大きな柱になっていますが、それに絡めて、「生産性の向上」が社員への期待としてクローズアップされています。一個人として、どういうマインドセットで働き方改革に取り組むのか、日々の業務の中で何をどうしていくのか、一人ひとりの考え方や意識、行動の見直しが求められます。人材育成、人材開発部門として焦点を当てる重要なテーマです。

    「人」に焦点を当てた働き方改革のサポート

    戦略としくみは大事ですが、明確な戦略のために適切なしくみを活用していくのは、一人ひとりの社員です。それぞれが、この環境に自分がどう関わるかを考え、行動する力を高めなければなりません。

    この考え方から、ラーニング・マスターズでは、働き方改革を推進するための3要素のうち、「人」に焦点を当てた働き方改革のサポートをします。


    おもな課題とサポート内容

    1. 意識改革・マインドセット
    2. 生産性向上
    3. チームマネジメント

    改革の実現には、まずは、社員一人ひとりの「意識改革・マインドセット」が必要です。そのうえで、残業時間の削減や、有給休暇取得の推進などの取り組みが進む中、限られた時間と人員で、これまでと同様か、それ以上の成果をあげるために、「生産性向上」が重要な課題の1つです。これには、社員一人ひとりのスキルアップが鍵となります。チーム全体での生産性向上という点では、「チームマネジメント」も同じく重要となってきます。

    働き方改革は特別なことではなく、今ある現場の課題を解決することから始まります。現状と目標の確認、そして、目標達成に向けた計画など、業界、業種、規模、それぞれに合ったプランを提案します。

    カスタマイズが可能な教育研修プログラムもありますので、ご不明な点はご相談ください。

    意識改革・マインドセット

    課題 解決策(教育研修プログラム)
    ストレスに負けず、モチベーションを感じて働く ストレスをパワーにかえるためのレジリエンス強化
    深い自己理解で「自分の働き方」を見つける パーソナリティ診断(Facet5) ※診断ツール

    生産性向上

    課題 解決策(教育研修プログラム)
    限られた時間で確実にやりきる、成果を出す GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術
    1時間で結論を出す会議運営

    思考の品質を上げるための思考スキル向上(Six Thinking Hats®)
    水平思考による創造力強化(ラテラルシンキング Lateral Thinking)

    リソースを活用! 「人」に動いてもらうためのコミュニケーション 相手のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上
    1回で伝える資料作成
    伝達力と作成スピードの向上
    考えをまとめるスキル・説得するスキル(Think on Your Feet®)

    チームマネジメント

    課題 解決策(教育研修プログラム)
    主体的なメンバーとイキイキとしたチームをつくる 部下の生産性と充実感を高めるマネジメントスキル向上
    量より「質」のコミュニケーションで、多様性のあるチームを活性化 部下のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上
    相互理解で適材適所! チームパフォーマンスを上げる パーソナリティ診断(Facet5) ※診断ツール

    働き方改革を私たちと一緒に考えてみませんか?

    • そもそも働き方改革の必要性を感じていますか?
    • 今あなたの会社は何に困っていますか? 近い将来は何に困りそうですか?
    • 現状は社員がどのように働いていますか? 現状のままで良いですか?
    • 理想の未来像は? 理想のためには何をすべき?


    パフォーマンス・コンサルタントから一言

    ラーニング・マスターズは、働き方改革とは、「暮らし方改革」や「生き方改革」の一部だと考えています。楽しいことは何か? 仕事とどう結びつけるか?――自分の働き方は自分で考える。そして、プライベートも含め、必要なところに時間とエネルギーをかける。そうすれば最大限のパフォーマンスが引き出すことができ、よりよい将来の展望が見えるかもしれません。

    →パフォーマンス・コンサルタント紹介

    お客さまに合ったより良い解決策

    法案という形で動き出した働き方改革ですが、このテーマは一過性のブームではなく、労働人口の減少が続く日本にとっては永続的な課題です。その大きなテーマについて、私たちはお客さまと一緒になって、知恵を出し合い、より良い解決策を探していきたいと考えています。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    ページの先頭へ