印刷範囲
全体プリント
本文プリント

パーソナリティ診断(Facet5)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織で働く人のパーソナリティを5つの側面から診断――ビッグ・ファイブ理論をもとに英国で開発されたツール

「パーソナリティを仕事に活用する」ことをコンセプトに、英国で開発されたパーソナリティ診断ツールです。社内外を問わず、さまざまな人と関わって仕事をする人にとって、有益な情報が満載されたレポートをご提供します。

おすすめ

階層・対象

  • 内定者

  • 新入社員

  • 若手社員

  • 中堅・ベテラン社員

  • 管理者

  • 経営者・経営幹部

  • 営業

  • 研究開発・エンジニア

  • 人事・人材開発

課題・テーマ

  • コミュニケーション
  • 新入社員の育成(OJT)
  • リーダーの育成
  • マネジメント能力
  • チームビルディング
  • パーソナリティ・自己認識
  • 組織変革
  • 現地法人での展開(海外プログラム)
  • 社内講師育成による展開可能

診断ツールの概要

対象者 組織の中で働く人
方法
  1. 診断方法:Web方式
  2. 回答者:診断対象者本人
  3. 回答時間:平均15~20分間程度
内容

Facet5は、パーソナリティを測定する際に、現在世界で最も信頼性が高いとされている理論『ビッグ・ファイブ』をベースに開発されたツールです。『ビッグ・ファイブ』によれば、人のパーソナリティは以下の5つの側面で語ることができるとされています。

  • 意思:自らの信念・考えに対する固執やこだわりの程度
  • エネルギー:他者との関係性を欲する程度
  • 配慮:人に対する見方や援助姿勢の程度
  • 自律性:自己規律や責任感の程度
  • 情動性:緊張やストレスの受け取り方の程度


Facet5は普段の“行動”のもとになっている“パーソナリティ”を自ら診断し、自己理解を高めようとするものです。行動の源泉を理解することで、他者へ影響力を発揮することが、自分にとって自然なことなのか、相当な苦労を要することなのかが分かり、他者への影響力を発揮する方向(ベクトルの向き)だけでなく、努力の程度(ベクトルの長さ)も明確になります。

また、管理者の場合は、当社が所有する「管理者行動診断」をあわせて実施することで、より深い内省を促し、管理者の行動変容の可能性をさらに高いものにできます。

<診断対象者向けの結果レポート内容>

  1. 5側面の得点:上記の5つの側面の点数、および各側面を構成する副要素(13個)の点数
  2. ファミリー像:診断対象者の各得点の構成から、最も近いと判断されたタイプを17種類の中から抽出。そのタイプの傾向を提示
  3. サーチライト:2.のファミリー像をもとに、診断対象者に想定される強みと改善点を提示
  4. リードするためのガイド:診断対象者が、高いパフォーマンスを発揮するための方法を提示
  5. 仕事に対する志向性:診断対象者にフィットしていると思われる仕事や職場環境を提示
特長
  • 多言語対応(約30ヵ国語)
  • 採用、配属、育成、選抜など人的資源管理領域において幅広く活用可能
価格
  • 受検料:10,000円/1名
  • 結果のフィードバックセッション運営料:100,000円(2~3時間)

※価格はすべて税抜表示です

開発経緯・歴史

1980年代に英国のエジンバラ大学にて研究が行われ、同国のFacet5社Norman Buckley博士によって開発されました。開発におけるコア・コンセプトは「Power of Personality(パーソナリティを仕事に活用する)」。個人や組織が、おのおののパーソナリティを上手に活用し、高いパフォーマンスを発揮するために、すべてが作られています。診断対象者に返却されるレポートは理解しやすい言葉で書かれており、仕事や職場で活用することを想定して作られた内容となっています。ラーニング・マスターズでは、2013年に導入し、現在までに1,500名をこえるレポートをフィードバックしています。
リーダーシップ研修、キャリア開発研修や、ストレス対応研修などに幅広くご活用いただいております。

おすすめプラン

当診断ツールと教育研修プログラムを組み合わせた導入案です。

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ