印刷範囲
全体プリント
本文プリント

GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    ストレスが激減する「最強の仕事術」GTD®を学べば、生産性が飛躍的に向上

    ストレスを激減させ、生産性に革命を起こし、「仕事術のバイブル」とまで称される「GTD®(Getting Things Done®)」を学ぶ研修プログラムです。無用なストレスから逃れ、やるべきことに集中し、効率と質を高めるにはどうしたらよいのか。フォーチュン100企業の多くで採用されている仕事術を習得します。

    おすすめ

    階層・対象

    • 新入社員

    • 若手社員

    • 中堅・ベテラン社員

    • 管理者

    • 経営者・経営幹部

    • 営業

    • 研究開発・エンジニア

    • 人事・人材開発

    課題・テーマ

    • 営業力強化
    • 新入社員の育成(OJT)
    • リーダーの育成
    • マネジメント能力
    • 生産性の向上
    • 現地法人での展開(海外プログラム)
    • 社内講師育成による展開可能
    • PDU取得

    プログラム概要

    目的 GTD®は、次々と生じる「やるべきこと」を瞬時に整理して、高い生産性を維持するための画期的な仕事術を習得します。フォーチュン100をはじめ、世界の多くの企業で採用されているプログラムです。
    対象者 対象者の限定はありませんが、次のような方に特におすすめです。
    • 新たな仕事に取り組む人、マルチタスクを常として同時並行で仕事をこなさないといけない人
    • プロジェクトリーダー、マネジャー、プレイングマネジャー、上級管理職 など
    人数

    当社はお客さまと、1回あたりの人数、実施日数(所要時間)、開催回数と総受講者数などをご相談したうえで、お見積もりを提示しております。また、内容面も、お客さまの実施目的を伺ったうえで、一部カスタマイズし、実施しております。そのため、実施費用については個別契約になります。お手数をおかけしますが、概算費用については、当社までお問い合わせください。

    なお、本プログラムを公開講座として当社内で実施する場合は、GTD® Japan公式サイトにて、その内容と価格などの情報を掲載いたします。

    期間
    価格

    プログラム詳細

    本当に、それは「いま」「やらなければならない」ことですか?

    • 仕事が多すぎて、何をやっているのか自分でも分からない。
    • ルーティンの仕事に加え、会議の準備、メールの応対、来客もあれば電話もかかる。忙しい1日だったが、予定していたことは何もできていなかった。
    • 仕事でもプライベートでも「やらなければならないこと」が多すぎて、結局、「なにもできなかった」となり、いつもストレスを感じる。
    • いろいろな整理法や、「To Do リスト」も試したが、うまくいかず、ますますイライラする。

    そんな人のための、ストレスフリーの仕事術「GTD®」を学びます。
    基本となるプロセスは「把握する」「見極める」「整理する」「更新する」「選択する」の5つのステップ。従来の「時間管理」「仕事管理」とはまったく異なるアプローチで、仕事を整理します。

    受講後に期待される効果

    • 自分自身の仕事、気になっていることが整理され、まず次に何をするべきか「具体的な行動」を明確にできる。
    • 「やらなければいけない」と思いつつ、忙しくて手がつけられずにいたことに着手できる。
    • 「あれもこれも」とわずらわされるストレスから解放され、集中してものごとに取り組める。

    特長

    • 概念の習得や考え方の理解ではなく、自分自身のやるべきことや仕事を「GTDワークフロー」を使って整理する、実践的なセミナーです。

    研修スケジュール(標準の場合)

    1日目
    9:00

    1.オリエンテーション

    • GTDの基盤となる考え方

    2.GTDの基本プロセス

    1. 「把握する」:「マインド・スイープ」他
    12:00 昼食
    13:00
    1. 「見極める」:
      ・「次にとるべき行動」と「望んでいる結果」、「プロジェクト」
    2. 「整理する」:
      ・2分間ルール
      ・「次にとるべき行動」の整理方法
      ・まとめ演習:「把握する」~「整理する」
    3. 「更新する」:週次レビューのポイント
    4. 「選択する」:優先順位付け、実行を阻害する要因他

    まとめ

    17:00

    インストラクターから見たプログラムのポイント

    30分コンピューターが使える時間があったら何をしますか?To-doリストを見ながら考えて、ということでは十分とは言えません。いつでも始動できる状況でないと考えることにエネルギーを奪われ、そのことがものごとを始める際のストレスになります。GTDはただのTo-do管理ではなく、高い集中と、創造的な思考に頭を使うために体系化された、とてもシンプルなシステムです。誰でも実践できますので、まずはその第一歩を体験してみてください。

    林 健太郎
    プロフィール詳細

    近藤 克明
    プロフィール詳細

    ※上記以外のインストラクターが担当することもございます。

    開発経緯・歴史

    GTD®は、複雑化した中でスピードを求められる現代社会での、「個人と組織の生産性向上」を目的に開発されました。これまでに、世界中で30年間にわたるコンサルティング、コーチング、トレーニング、組織開発の結果として体系化され、進化しています。
    開発者であるデビッド・アレン氏(David Allen)は、この活動を通じて3冊の本を書き、なかでも、『Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity』(GTD®の略語の商標で知られている)は、個人と組織の生産性に関する書として高く評価され、国際的なベストセラーとなっています。
    デビッド・アレン氏は、大手企業、政府機関・教育機関、非営利組織、小規模企業、および民間の個人に対して、国際的にサービスを提供しており、顧客にはフォーチュン100企業の40%を超える会社など、世界の最大手企業が含まれます。 ラーニング・マスターズでは、2013年から導入し、企業での実施をはじめ、個人での公開講座への参加など、多くの方が効果を実感していただいています。

    おすすめプラン

    教育研修プログラム

    2017年12月13日
    年末年始休業のお知らせ
    2017年12月13日
    『リーダーシップ開発 ベスト・プラクティス』シリーズ2 公開
    2017年12月12日
    コーピングセミナーが日本能率協会(JMA)にて開催されます
    2017年11月24日
    HRカンファレンスに参加しました
    2017年11月20日
    九州にて、GTD®無料体験セミナーを開催します

    → お知らせ

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    ページの先頭へ