印刷範囲
全体プリント
本文プリント

部下の成長を促す双方向型マネジメント(Counseling Mind)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    部下との信頼関係を築くのに必須の「カウンセリング・マインド」を習得

    経験の浅い部下が抱えるさまざまな問題、悩みを、「徴候」段階で把握し、適切なアドバイスとサポートをする――管理者やチームリーダーに欠かせない、「カウンセリング・マインド」を習得する研修プログラムです。

    おすすめ

    階層・対象

    • 管理者
    • 経営者・経営幹部
    • 営業
    • 研究開発・エンジニア
    • 人事・人材開発

    課題・テーマ

    • 営業力強化
    • 新入社員の育成(OJT)
    • リーダーの育成
    • マネジメント能力
    • ストレス・メンタルヘルス
    • カウンセリング

    プログラム概要

    目的 自分で問題解決できない部下の徴候をとらえ、部下本人が問題解決できるようにするための「効果的な援助の方法」を学ぶ。
    対象者 管理者、チームリーダー層
    人数

    当社はお客さまと、1回あたりの人数、実施日数(所要時間)、開催回数と総受講者数などをご相談したうえで、お見積もりを提示しております。また、内容面も、お客さまの実施目的を伺ったうえで、一部カスタマイズし、実施しております。そのため、実施費用については個別契約になります。お手数をおかけしますが、概算費用については、当社までお問い合わせください。

    なお、本プログラムを公開講座として当社内で実施する場合は、本サイトの「イベント・セミナー」にて、その内容と価格などの情報を掲載いたします。

    期間
    価格

    プログラム詳細

    部下との関係で生じる、次のような問題を解決します。

    • 「一方的な指示」を押しつけてしまった――たとえそれが「正解」であっても、部下が指示どおりに行動するとはかぎりません。部下も人間ですから、機械のようにコントロールできません。「パートナーシップ関係の構築」の重要性を学びます。
    • 「悩みに気づいたときは、遅かった」――部下が悩んでいることに、解決不能になるまで気づかなかったことはありませんか。部下が相談してくれないのは、「信頼」されていないからです。部下に信頼され、協働意欲を持ってもらうには、どうすればよいのかを学びます。
    • 「上手なほめ方、叱り方」が分からない――管理者に求められる、部下を成長させる「カウンセリング・マインド」とはどのようなものかを理解し、習得します。

    受講後に期待される効果

    • 上からの一方的な指導よりも、部下自身が問題を解決できるようサポートするほうが効果的であると理解し、実践できるようになります。
    • 悩みを抱えた部下や若手社員の、「危機の徴候」を早期に把握でき、適切なタイミングでの的確な対応が可能になります。
    • 部下に対して「上手なほめ方、叱り方」ができるようになります。

    特長

    • ビデオを見ながら、「カウンセリング・マインド」に必要な知識とスキルを習得できます。
    • グループワークを通して、参加者の経験と照合しながら、「カウンセリング・マインド」についての体系的な理解が図れます。
    • ロールプレイで練習することで、知識だけでなく、言動レベルで実践できるスキルを身につけられます。

    研修スケジュール(標準の場合)

    1日目
    9:00

    1.オリエンテーション

    • コースの目的

    2.管理者の行動と職場の生産性

    3.カウンセリング・マインド

    1. 危機状況モデル(グループワーク)
    12:00 昼食
    13:00
    1. カウンセリング・マインドとは
    2. 感情のメカニズム
    3. 信頼の重要性(グループワーク)
    4. 管理者の陥りやすい誤り
    17:00
    2日目
    9:00

    4.カウンセリング・アプローチ

    • 対象となる部下と徴候(グループワーク)

    5.自力で問題解決できない部下へのアプローチ(ビデオケース、ロールプレイ)

    12:00 昼食
    13:00

    6.うまくいった点を認めるアプローチ(ビデオケース、ロールプレイ)

    7.行動を改めさせたい点をサポートするアプローチ(ビデオケース、ロールプレイ)

    8.認知の歪みのパターン

    17:00

    インストラクターから見たプログラムのポイント

    変化のスピードが速まる中、職場は問題や悩みの連続であり、その対応に頭を悩ませているマネジャーは少なくないと思います。問題解決に取り組む際、マネジャーが一方的な指示や正解を示すのではなく、部下がどのような困難な問題にも自ら積極的に取り組み、これを解決していく力を発揮できるようにサポートすることが重要です。この研修では、カウンセリングの手法を用い、部下本人が問題解決できるようにするための効果的なサポート方法を学べます。

    雑賀 日出夫
    プロフィール詳細

    竹内 成司
    プロフィール詳細

    ※上記以外のインストラクターが担当することもございます。

    教育研修プログラム

    2017年12月13日
    年末年始休業のお知らせ
    2017年12月13日
    『リーダーシップ開発 ベスト・プラクティス』シリーズ2 公開
    2017年12月12日
    コーピングセミナーが日本能率協会(JMA)にて開催されます
    2017年11月24日
    HRカンファレンスに参加しました
    2017年11月20日
    九州にて、GTD®無料体験セミナーを開催します

    → お知らせ

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    ページの先頭へ