印刷範囲
全体プリント
本文プリント

組織の意思決定力を高めるスキル
(シックス・バリュー・メダル)

    組織の意思決定力を高めるスキル

    組織の意思決定に最大の価値をもたらす秘訣は、組織にとって重要な課題を分析し、具体的な解決策を導くとともに、変化し続ける環境とそれによってもたらされる新たな課題に合わせて柔軟に対応できるようになることです。
    組織、人、品質、イノベーション、環境、認識の6つの価値に焦点を当てるシックス・バリュー・メダルは、強力なフレームワークとして、組織と個人の意思決定力を高める取り組みをサポートします。

    おすすめ

    階層・対象

    • 新入社員

    • 若手社員

    • 中堅・ベテラン社員

    • 管理者

    • 経営者・経営幹部

    • 営業

    • 研究開発・エンジニア

    • 人事・人材開発

    課題・テーマ

    • 営業力強化
    • 生産性の向上
    • 思考力・発想力
    • ファシリテーション
    • 現地法人での展開(海外プログラム)
    • 社内講師育成による展開可能

    プログラム概要

    目的 個人やグループの思考の質を上げる。
    対象者 新入社員から中堅社員、管理者まで
    人数

    当社はお客さまと、1回あたりの人数、実施日数(所要時間)、開催回数と総受講者数などをご相談したうえで、お見積もりを提示しております。また、内容面も、お客さまの実施目的を伺ったうえで、一部カスタマイズし、実施しております。そのため、実施費用については個別契約になります。お手数をおかけしますが、概算費用については、当社までお問い合わせください。

    なお、本プログラムを公開講座として当社内で実施する場合は、本サイトの「イベント・セミナー」にて、その内容と価格などの情報を掲載いたします。

    期間
    価格

    プログラム詳細

    このプログラムでは、「価値」を迅速かつ徹底的にスキャンし、明確に把握する方法を学びます。組織や個人が持っている価値や、追求すべき価値について考え、評価するフレームワークを使えるようになることで、重要な価値に優先順位を付けたり、価値を最大化させる意思決定のスキルが向上します。

    6つのメダル

    価値観は、非常に重要であるにもかかわらず、曖昧で一般的なものです。主観的なものであり、一方で、客観的で現実的なものでもあります。6つのメダルは、その「価値」に焦点を当て、明確に認識するためのシンプルなフレームワークです。価値に名前をつけることで、注意を向けやすくします。

    ゴールドメダル ゴールドメダル:人 何かが組織内の個人に与える影響
    • 人々はどのような影響を受けますか?
    • その人たちの価値は、どのような影響を受けますか?
    シルバーメダル シルバーメダル:組織 特定の組織の目的や運営
    • 組織が意図した目的を達成するのに役立ちますか?
    • 組織の運営を改善することになりますか?
    スチールメダル スチールメダル:品質 製品やサービスの意図する機能
    • ここでの品質価値とは何でしょうか?
    • 品質を向上させるために、どのように役立ちますか?
    ガラスメダル ガラスメダル:イノベーション 可能性、創造性、新規性、革新性
    • 創造性や革新性を育むために、どのようなことをしていますか?
    • 製品、サービス、社内プロセスで、どのような変化が試せますか?
    ウッドメダル ウッドメダル:環境価値 組織の外にある環境、自然、地域社会など
    • 組織外の誰が、あるいは何が、この影響を受ける可能性がありますか?
    • その影響はどのようなものになりますか?
    ブラス(真鍮)メダル ブラス(真鍮)メダル:イメージ 外見や評判、どのように認識されるか
    • 人々はどう考えるでしょうか?
    • どのように見えるでしょうか?

    受講後に期待される効果

    • 価値について多面的に考え、話し、議論し、評価できるようになります。
    • 価値に基づいた意思決定ができるようになります。
    • 価値を評価するためのフレームワークを理解し、すぐに使えるようになります。

    特長

    「価値」は、その価値を受ける人や組織、見方によって変わります。ある人にとっては価値があることでも、別の人には価値が感じられないこともあります。また、同じ価値でも、ポジティブにとらえられる側面もあればネガティブにとらえられる側面もあります。

    シックス・バリュー・メダルでは、価値の観点から視点を6つに整理し、1つずつを丁寧に見ていきます。これまで個人の感覚で曖昧にしていた価値を数値化し、評価することができ、多面的な考察からの組織の意思決定を効率的にします。

    研修スケジュール(標準の場合)

    1日目
    9:00

    1. オリエンテーション

    2. 6つのメダルの紹介

    • ゴールドメダル
    • シルバーメダル
    • スチールメダル
    12:00 昼食
    13:00
    • ガラスメダル
    • ウッドメダル
    • ブラスメダル

    3. 価値観と対立

    4. 価値に基づいた意思決定のための価値評価

    5. まとめ/アクションプラン

    17:45

    インストラクターから見たプログラムのポイント

    「競争にのみ集中する企業は最終的に滅びる。価値創造に焦点を当てた企業は繁栄する」――これは、このプログラムの開発者、エドワード・デボノ博士の言葉です。

    ロジカルシンキングやクリティカルシンキングなど、個人の意思決定フレームワークだけでなく、価値に焦点を当てたフレームワークを組織の意思決定に利用することで、組織が提供する価値や組織自体の価値も高まります。

    研修では、業界別の価値に焦点を当てた演習もご用意します。組織内のリーダーなど、意思決定者の方々がすぐに使えるスキルとして、シックス・バリュー・メダルを活用してください。

    近藤 克明
    プロフィール詳細

    林 健太郎
    プロフィール詳細

    ※上記以外のインストラクターが担当することもございます。

    おすすめのページ
    おすすめのコラム
    問題解決の質を高める思考のコツ(全3回)

    教育研修プログラム

    2024年1月9日
    【2024年1月~3月開催】公開講座お申し込み受付中
    2023年12月11日
    当社からお送りするメールが届かない事例が発生しています
    2023年12月8日
    2023~2024年 年末年始休業のお知らせ
    2023年12月7日
    ダウンロード資料「研修での学びを現場で活かすための3ステップ」を掲載しました
    2023年10月6日
    導入事例「理論に基づいた内製研修のアップデートと社内インストラクター育成」を掲載しました

    → お知らせ

    ページの先頭へ