印刷範囲
全体プリント
本文プリント

組織変革推進プラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の延長線上に未来はない!

『組織変革推進プラン』は、教育研修プログラム「Lateral Thinking™」(水平思考)を活用した、固定観念からの脱却、創造性発揮のためのトレーニングにより、組織変革を推進するヒントをつかんでいただくプランです。
私たちは知らず知らずのうちに、自社や業界の「あたりまえ(固定観念)」や「常識」にとらわれ、既定路線で仕事をしています。「あたりまえ」から脱却することは簡単ではありません。しかし、自分たちの「あたりまえ」に気づき、そこから脱却するための思考方法を習得することで、変革の必要性を自覚し、変革推進のためのアイデアを出せるようになります。

おすすめ

階層・対象

  • 新入社員

  • 若手社員

  • 中堅・ベテラン社員

  • 管理者

  • 経営者・経営幹部

  • 営業

  • 研究開発・エンジニア

  • 人事・人材開発

課題・テーマ

  • 営業力強化

  • 思考力・発想力

  • 組織変革

  • 現地法人での展開(海外プログラム)

  • 社内講師育成による展開可能

  • PDU取得

このプランで実施すること

若手や中堅社員向けに実施すること

若手や中堅社員の課題として、組織変革を自責で考えることができない点があり、「自分たちにはできない」と考えがちです。一方、経験がないために、自由な発想ができるのはこの層かもしれません。「Lateral Thinking™」を学ぶことで、変革の必要性を自覚し、過去にとらわれない柔軟な発想で、変化や変革を起こせるようになっていただきます。

管理者向けに実施すること

管理者層の課題として、過去の成功体験が変革推進の邪魔をしている点があります。まず、将来の事業を考えるうえで、改善すべきビジネス慣習を明確にし、変革のアイデアを出せるようになる必要があります。「Lateral Thinking™」を学び、具体的なビジネス上の課題を解決するための、変革のアイデアを出せるようになっていただきます。

期待できる効果

  • 会社の現在地を正しくとらえ、変革の必要性を自覚できる
  • これからの自社、自分に必要なことは何かを「思考の枠」を超えて考えることができる
  • 組織変革を実現するための具体策を立案できる

導入の流れ

  1. 研修実施の課題についてのヒアリング
  2. ヒアリングに基づいた研修の企画・立案
  3. 提案の説明
  4. 提案内容の修正と承認
  5. 研修実施の打ち合わせ
  6. 研修実施
  7. 研修で挙がった課題やアイデアの検証を実施し、具体的な取り組みへ
  8. 振り返り

使用する教育研修プログラム

このプランを利用いただいたお客さまの声

  • 社内での経験が、自然と自分の「あたりまえ」になっていることに気づきました
  • アイデアを出すことは先天的なセンスだと思っていたが、思考ツールを使うことでアイデアがでることを体感しました
  • 自分たちが変革の推進者にならねばと自覚ができました

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ