印刷範囲
全体プリント
本文プリント

導入事例「内製研修のアップデートと社内インストラクター育成」を掲載しました

投稿日:

理論に基づいた内製研修のアップデートと
社内インストラクター育成

ラーニング・マスターズが支援した事例「理論に基づいた内製研修のアップデートと社内インストラクター育成」を新たに掲載しました。

詳しい内容は「導入事例」、または詳細ページでご覧ください。

導入事例のご紹介

業種 サービス業
会社規模 従業員数3,000名~
受講対象者 社内インストラクター(社内研修の講師)担当者
導入の背景
  • おもに感染症対策などの外部環境変化の影響から、組織構造が大きく変わる中で、研修の対象層に求められる期待役割も変わり、それに合わせて研修内容も大きく変える必要がある。
  • 研修の内容は社内のメッセージが強く、具体例や専門用語なども必要なため、一般の研修をそのまま実施することができず、また予算的にも、毎年外注するのは難しい。
  • 社内インストラクターを育成して、その経験を各自のスキルアップの機会として活用したい。
抱えていた課題
  • 現在、人事部で開発、実施している階層研修の内容とクオリティを見直したいが、やり方が分からない。また、どこに相談すればいいのかも分からない。

すべての学びをデザインする
「ラーニング・デザイン・ファーム」

私たちラーニング・マスターズが目指し、実現する「ラーニング・デザイン・ファーム(Learning Design Firm)」モデルで行った事例です。

お知らせ アーカイブ

お役立ちコラム「気づきの小径®」

NEW

2024年6月13日

職場での前向きな対話を促進するスキル

組織の成功に欠かせない職場のコミュニケーション ギャップが生まれる職場のコミュニケーション メッセージアプリ、オンライン会議ツールなどの普及 …

NEW

2024年5月16日

組織文化の形成を促す新入社員のOJT教育

新入社員とOJTリーダーがともに成長できる教育 新入社員の成長スピードを上げるために 多くの企業では、4月からの新入社員が入社しました。新入 …

2024年4月18日

マネジャー教育で意識すべきギャップとバランス

適切な教育研修に必要な意識 実務は忙しく、その中でも適切に部下を育成し、エンゲージを高めながら優秀な人材を確保するキーパーソンであり続ける― …

2024年4月11日

忙しい教育研修担当者が忘れてはいけないポイント

企業の教育研修担当者が目指すべき目的 教育研修担当者の仕事とは 春が来ると新入社員がやってきて、その対応に手いっぱいのまま、気づけば梅雨にな …

→ お役立ちコラム「気づきの小径®」

ページの先頭へ