印刷範囲
全体プリント
本文プリント

2019年10月25日 無料セミナー実施報告
「フォーマット(型)で会話力向上」

投稿日:

「実践できる」ロジカルコミュニケーションを身につける

10月25日(金)に、無料セミナー「フォーマット(型)で会話力向上」を開催しました。

「考える時間がない」「伝えても相手が思うような反応をしてくれない」など、口頭コミュニケーションは難しいものです。基本的にやり直しもできないため、即興で、ロジカルかつシンプルにまとめることが大切です。

ラーニング・マスターズの研修プログラム「考えをまとめるスキル・説得するスキル(Think on Your Feet®)」からスキルをお伝えする無料セミナーですが、今回は、スキルをお伝えするだけでなく、実際にビジネスの場で使えるようになることを目標としました。ただし、通常は2日間をかけて学ぶ内容となりますので、ご紹介するスキルは一部の内容となっています。

セミナー当日の内容

分かりやすい話を短時間で組み立てるために、通常のセミナーでは、下記5つの内容を繰り返し練習することで、使い方を学びスキルとして身につけます。今回は、主に1、3、4の内容を体験いただきました。

  (1)分かりやすく話すための標準フォーマット
  (2)フォーマットのアレンジ方法×6種類
  (3)話の質を高めるテクニック×4種類
  (4)厳しい質問や反論への対応×3種類
  (5)相手の立場で話を考えるためのフレーム

セミナー前半は、分かりやすく話すための標準フォーマットの説明と、その練習に取り組むパートです。フォーマットは、「導入-本論-結び」の順に伝え、本論を3つのパートで説明していきます。なぜ3つなのか、どんな視点で3つにまとめるかといった説明から、実際にそのフォーマットをアレンジして、実際にペアワークで挑戦してみるところまでを行いました。ペアワークでは、お互いに聞き手と話し手になって、スキルを使った話法についてどのように感じたかをフィードバックして、向上を目指します。

後半は、「厳しい質問」に対応するためのパートです。答えるのが難しい質問に対して、まず「ブリッジング」を行うことで、コミュニケーションがスムーズになります。ブリッジングは「認める」「質問する」「言い換える」という3つの方法がありますが、今回は「認める」を取り上げて、練習を繰り返しました。

「スキル」を身につけるには、教わったその場で試すこと、そしてそれを振り返ることが大切です。それを何度も繰り返し、身体に覚えさせます。今回は体験版という形になりましたが、2日間のセミナーでも、何度も練習を繰り返して、効果的なコミュニケーションを行うためのスキルとして実際に日常や仕事の場で使えるようにします。2020年1月に、公開講座としてさまざまな組織や環境の方と一緒に受講できるセミナーもご用意しております。ぜひご参加いただき、「考えをまとめるスキル・説得するスキル」を身につけていただきたいと思います。

セミナー概要

タイトル フォーマット(型)で会話力向上
 - 「実践できる」ロジカルコミュニケーションを身につける -
日時 2019年10月25日(金) 14:00~17:00
会場 ラーニング・マスターズ株式会社(東京・五反田)
講師 パフォーマンス・コンサルタント 北川 潤
内容
  • 「Think on Your Feet®」セミナー体験(講義、練習)
    1. 分かりやすく話すための標準フォーマット
    2. フォーマットのアレンジ方法
    3. 厳しい質問への対応
  • Q&A、公開講座の紹介

セミナーの詳細はこちら

セミナー開催予定

イベント・セミナー実施報告 アーカイブ

2019年12月3日
2019~2020年 年末年始休業のお知らせ
2019年9月6日
インストラクター・ミーティング実施報告
2019年8月7日
介護事業所の支援誌に掲載されました
2019年8月6日
2019年 夏期休業のお知らせ
2019年4月16日
マネジメント・カレッジ株式会社との提携のお知らせ

→ お知らせ

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ