印刷範囲
全体プリント
本文プリント

習得するための継続する仕掛けづくり

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「獲得」と「習得」について

今回は、言語の「獲得」と「習得」ということを扱いたいと思います。

人間が言語を使えるようになるには、大きく2つのパターン、「獲得」と「習得」があると考えられています。通常の環境においては、生まれてからの発達により、特別な訓練なしで第一言語(母語)を「獲得」します。ある程度の年齢までに、自然と母語を使えるようになることを「獲得」という単語で表しています。これに対して、第二言語は自然と使えるようになる、ということは難しく、何らかの訓練や練習が必要となります。それを、「習得」という言葉で表現しています。
なお、第一言語でも口話は「獲得」できるのですが、文字の読み書きとなると「習得」が必要です。思い返してみると、私たちは小学生のころは、かなりの時間を基本的な読み書きに使っていたはずです。そのくらい「習得」というのは手間がかかることが多いのです。現在英語学習に励まれている方でしたら、実感がある部分かと思います。

「習得」に四苦八苦していると、「すべてのものが獲得されていくようにヒトのシステムができていれば、こんな苦労はないのに…」、と感じることも多いのではないでしょうか。たしかに、いろいろなことが生得的であれば、楽かもしれません。しかし、少し広げて考えてみると、「習得」の面があるからこそ、ヒトには多様性があり、変化対応ができるのだ、とも言えるのではないでしょうか。「習得」には個々人の意志や、周囲の社会や文化など、さまざまな要因がからんできます。そうした環境に対して、ある程度システムの遊びがあることが、ヒトという種をここまで発展させてきたのかもしれません。

ところで、私たちラーニング・マスターズは教育や研修をメインに扱っている企業です。これは「獲得」ではなく「習得」の部分を扱っていると言い換えられそうです。「習得」は身につけるのに時間がかかり、意識的に取り組まないといけないため、難しいといえます。もし学生時代なら、練習や課題に繰り返し取り組む時間をとることもできたかもしれませんが、社会人になると時間を潤沢にとれないことが多々あります。そんなときに重要になってくるのが、「効率的な学び方」と「継続」という2点です。

「効率的な学び方」でポイントになるのは、自分の経験に引きつけて、それと新しく学ぶことをリンクさせるということです。当社でもそのような経験学習の理論に基づいた研修設計を行っております(詳しくは4MAT理論を基にしています)。この学び方は実践につながりやすいので、現場で活用しながら学びを深めることにもなります。

もう1つのポイントである「継続」についてです。当たり前のことではありますが、何事も継続的にやらないとできるようにはなりません。しかし、愚直に続けることの大変さは、誰もが共感できることではないでしょうか。学んだことを「習得」したいなら、何かしらの「継続する仕掛け」が必要になります。そのような継続に関するお客さまからのご相談も、近年増えています。

企業教育や学校教育において、「研修教育実施の質」、「継続させるための、事後の仕掛け」、「丁寧なフォロー」といった部分は今後さらに重要になっていくと考えています。

林 健太郎

おすすめの教育研修プログラム

4MAT理論を基にした研修コースのデザインを学べます。

研修コースデザイン(Learning Style Seminar)

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ