印刷範囲
全体プリント
本文プリント

「組織⾏動に関するデータを⼈材育成に活⽤するための勉強会」を開催しました

投稿日:

6月29日(木)、甲南大学 経営学部の尾形 真実哉教授をお招きし、「組織⾏動に関するデータを、⼈材育成に活⽤するための勉強会」を開催いたしました。20名の方にご参加いただき、人材育成を科学する風潮は確実に高まっていると感じる、大変活気ある勉強会となりました。

お役立ちコラム「気づきの小径®」にもご報告がございます。ぜひご一読ください。

お知らせ アーカイブ

お役立ちコラム「気づきの小径®」

NEW

2024年6月13日

職場での前向きな対話を促進するスキル

組織の成功に欠かせない職場のコミュニケーション ギャップが生まれる職場のコミュニケーション メッセージアプリ、オンライン会議ツールなどの普及 …

NEW

2024年5月16日

組織文化の形成を促す新入社員のOJT教育

新入社員とOJTリーダーがともに成長できる教育 新入社員の成長スピードを上げるために 多くの企業では、4月からの新入社員が入社しました。新入 …

2024年4月18日

マネジャー教育で意識すべきギャップとバランス

適切な教育研修に必要な意識 実務は忙しく、その中でも適切に部下を育成し、エンゲージを高めながら優秀な人材を確保するキーパーソンであり続ける― …

2024年4月11日

忙しい教育研修担当者が忘れてはいけないポイント

企業の教育研修担当者が目指すべき目的 教育研修担当者の仕事とは 春が来ると新入社員がやってきて、その対応に手いっぱいのまま、気づけば梅雨にな …

→ お役立ちコラム「気づきの小径®」

ページの先頭へ