印刷範囲
全体プリント
本文プリント

2019年5月24日 無料セミナー実施報告
「創造的問題解決に欠かせない水平思考(ラテラルシンキング)」

投稿日:

必要なときに創造性を発揮することができる

5月24日(金)に、無料セミナー「創造的問題解決に欠かせない水平思考(ラテラルシンキング)」を開催しました。当社の研修プログラム「水平思考による創造力強化(ラテラルシンキング Lateral Thinking)」(1日研修)をベースにしたものです。13社13名の方にお集まりいただき、ワークを中心に進め、皆さん終始熱心にご参加いただきました。

参加の目的は、「とにかく会社で創造性発揮を求められる」「過去の成功体験から脱却が必要」との声が多く、「創造性」「変革」が以前に増して求められていると感じました。

セミナー当日の内容

研修では、アイデア創出に必要なステップとして、「焦点の重要性:何のためのアイデアが必要か」「アイデア創出のための3つの思考ツール(1. 代替案/コンセプト抽出 2. チャレンジ 3. ランダム入力)をご紹介しました。短い時間ではありましたが、ラテラルシンキングの「ツボ」はご理解いただけたように思います。

焦点の重要性

  • 創造的なエネルギーをどこに集中させるか、最終的なアウトプットとして何を望むのかを明確にする

アイデア創出のための3つの思考ツール

1. 代替案/コンセプト抽出:
  • アイデアからコンセプトを抽出し、より多くの代替案を生み出す方法
  • ポイント――優れたアイデアは数多くのアイデアを考えた結果として生まれる(質よりも量)
2. チャレンジ:
  • 現状の商品やサービス、業務プロセスなどに対して、新しいアイデア(改善案)が浮かぶかどうかを検討する方法
  • ポイント――優れたアイデアを生み出すには、何らかの「刺激」が必要。現状の改善に役立つ刺激は、現状を構成する項目や者を排除、中止できるかどうか
3. ランダム入力:
  • 脈絡のない言葉を出発点として斬新なアイデアを生み出す方法
  • ポイント――焦点(テーマ)とはまったく関係がない言葉を刺激として使うことで、斬新なアイデアが生まれる

今回は、「ツール(=道具)を提供した」状態であり、道具を使いこなすためには、練習と経験が必要です。どんどん試していただきたいと思います。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

セミナー概要

タイトル 創造的問題解決に欠かせない水平思考(ラテラルシンキング)
日時 2019年5月24日(金) 14:00~17:00
会場 ラーニング・マスターズ株式会社(東京・五反田)
講師 パフォーマンス・コンサルタント 竹内 成司
内容

必要なときに創造性を発揮することができるためのツールの理解と習得

  1. 焦点の重要性
  2. 3つの思考ツール
    • 代替案/コンセプト抽出
    • チャレンジ
    • ランダム入力

セミナーの詳細はこちら

次回開催予定

イベント・セミナー実施報告 アーカイブ

2019年9月6日
インストラクター・ミーティング実施報告
2019年8月7日
介護事業所の支援誌に掲載されました
2019年8月6日
2019年 夏期休業のお知らせ
2019年4月16日
マネジメント・カレッジ株式会社との提携のお知らせ
2019年3月20日
「シックス・シンキング・ハット」および「ラテラルシンキング」の版権について

→ お知らせ

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ