印刷範囲
全体プリント
本文プリント

「これならできる」と思える行動をリストにする

投稿日:

夢の実現は現実を見ることから始めよう 第3回

今回は、前回までに見てきた「現実」をどうすればよいかについて書いてみます。前回に引き続き、「2週間のバカンスに南の島に行く」ことを「夢の実現」の例として考えます。

まずは、「Inbox」に「2週間のバカンスに南の島に行く」と書いたメモが入っているとします。「Inbox」には、ほかにも、仕事やプライベートのことなども入っているはずです。夢の実現も含めていろいろな「現実」が「Inbox」に集まった状態です。

To-Doリストに書き出して「Inbox」の現実をより具体的に

それでは、「Inbox」を整理しましょう。「Inbox」の中身を1つずつ確認し、具体的に何をしたらよいかを、To-doリストに書き出していきます。

「2週間のバカンス…」のメモからやるべきことを考えて、リストの項目にすると、「バカンスの準備」と書いたり、詳細な項目として「スケジュールの決定」などと書いたりすることが多いと思います。しかし、このままのリストではものごとが前に進まないということを、以前に書きました。「具体的な行動に落とし込まれていないと、ものごとはなかなか前に進まない」のです。

「スケジュールの決定」と書いておいても、それを「どのようにやるか」が書かれていないと、例えば、使える時間が30分できたとして、すぐに作業に取りかかるのは、なかなか難しいものです。この場合、理想的なTo-Doリストの書き方は、「(想定される時期の)スケジュール帳を見る」というのが一例です。もしかすると、その前にまずは、「想定している時期について奥さんに話す」が適切かもしれません。

To-Doリストのよくある書き方

  • スケジュールの決定
  • バカンスの準備

To-Doリストの理想的な書き方(具体的な行動に落とし込む

  • (想定される時期の)スケジュール帳を見る

または

  • 想定している時期について奥さんに話す

「これならできる」と思える行動

大事な点は、リストに書き出したことが、「これならできる」と自分自身が思う行動になっているかということです。

同じことは「Inbox」に入っている、ほかの事柄についても当てはまります。重要な事柄もそうでないことも、また、自分にとって気が重いこともそうでないことも、すべて同じように、「これならできる」と自分自身が思える、イメージできる行動に落とし込まれたリストにしておく必要があります。

特に、自分自身にとって「重い」と感じる事柄を、「これならできる」と感じられる行動に落とし込めていないと、頭のどこかで「そのリストを見たくない」と避けてしまうことがあります。「重い」ことほど、どうしてもやらなければならないことであるのなら、たとえ小さな行動であっても、本当に「できる」行動にしておく必要があります。

リストの項目が「重い」状態

  • Aさんに仕事の案件を引き継ぐ

リストの項目が「これならできる」状態

  • Aさんの業務スケジュールを見る

または

  • Aさんに業務状況を聞くためのメールを書く

このようにして、あらゆることを、時間がある時にすぐに取りかかれる、「これならできる」という行動に落とし込んでリストにした場合、そのリストの項目はどれくらいの数になるでしょうか?

人によってさまざまだとは思いますが、多くの人が50個から100個くらいになるのではないでしょうか。これがまさに、今の「現実」なのです。これまで見てきた「Inbox」も現実ですが、「Inbox」はその入り口と言えます。

「これならできる」からスタートする

「Inbox」にあることをすべて、このような具体的な行動にしていくには、それなりに時間とエネルギーが必要ですが、1度やってみてください。夢の実現も含め、やると決めていたことが、いかに曖昧だったかを実感できると思います。そして、おそらく、多くの方がその「現実」を目の当たりにして、「こんなにできない、無理」とも思うでしょう。

実は、ここが本当のスタートです。やれないことをどうするか、ほかの人と調整する必要があるのなら、その調整をどのようにするかを、「これならできる」行動として決めておかなければ、何も前進しません。

「Inbox」に集められた「現実」をどうするかについて書いてきましたが、まさに現実を目の当たりにする内容になってしまいました。次回は「こんなにできない、無理」と感じてしまう「やらなければならないこと」を、取捨選択するための優先順位についても触れてみたいと思います。

近藤 克明

夢の実現は現実を見つめることから始めよう(全6回)
おすすめの教育研修プログラム

お役立ちコラム「気づきの小径®」 アーカイブ

2018年8月1日
【2018年 無料セミナー追加開催】お申し込み受付開始
2018年7月2日
2018年 夏期休業のお知らせ
2018年6月1日
【無料セミナー】「パーソナリティ診断(Facet5)」お申し込み受付開始
2018年4月16日
【 GTD®体験セミナー】お申し込み受付開始
2018年4月12日
「次世代経営層育成プラン」導入事例を掲載しました

→ お知らせ

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ