印刷範囲
全体プリント
本文プリント

組織改革のために必要なこととは?

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織はなかなか変わらない?

先日、ある会社の人たちが、「働き方改革」について話し合っている場に同席をしました。そこには、「人事部」「営業部」「管理部」の、それぞれに所属している人がおり、活発に意見をぶつけ合っていました。
人事部曰く、「働き方改革は社長の肝入りだし、世の中も変わってきているんだよ。やらなきゃいけないことだし、やる意味としては…、みんなにとってのメリットは…」。
営業部曰く、「そんな早く仕事が終わるなんてうらやましいな。俺たちは22時まで仕事して、それからやっと飲みに行けるんだ。働き方変革なんて無理無理」。
管理部曰く、「ウチの組織は恵まれていない。もっと私たちのやっていることを会社にも、みんなにも認知してほしいんだよ」。
結局、皆それぞれの持論を展開し、特に結論に至ることはありませんでした。

働き方を含め、組織の改革や変革は、他人事として傍観しているわけにはいきません。自分事として、組織の変革ついて考えてみたいと思います。

組織を変革するためには何が必要でしょうか? 課題はいろいろあると思いますが、4つの切り口で解決策を整理してみました。

  1. 【感情・パラダイムシフト】会社がやろうとしていることと、社員の感情にはギャップがある
    変革に向けて、会社が考える「良いこと」と「必要なこと」を、半ば強引に現場に理解させ、取り組ませようとしているケースがあります。ただし、残念ながら、それを受け止める社員には、さまざまな感情がわき起こり、誰もがその変化のスピードについていけるわけではありません。
    変化対応(変革推進)にはプロセスがあります。いきなり、制度や仕組み、ルールを変えても、感情がそれを受け入れなければ、人の行動は変わりません。個人の意識や行動の変化なくして、組織変革の成功はありませんから、双方のギャップを埋めることを、まず考える必要があるでしょう。
  2. 【合意形成】立場が違えば見え方も違う
    組織変革のような大きなテーマになると、立場の違いから、合意形成が難しいという問題があります。立場や役割が違えば、意見や見え方が違って当然です。お互いが自分の主張をするだけでは、意見はぶつかるだけです。
    皆さんは、数人で議論をしているとき、何を意識していますか? 「…について話している」なのか、「…のメリットについて話している」なのかで、議論の質は変わってくると思いませんか? 後者は「メリット」といった形で議論の中身を絞っています。「メリット」の話が出たら、次は必然的に「デメリット」の話になるでしょう。こうした、いわば議論(思考)のプロセスを、全員が意識できていたらどうでしょうか? 効率的に合意形成していくためには、押さえるべき議論(思考)のプロセスがあります。
  3. 【アイデア発想】新しいことを始める→正解を過去の事例に探してしまう
    私たちは新しいこと(変革)に取り組もうとしているのに、過去の成功事例に正解を探そうとしていることがあります。今やろうとしていることが過去の延長線上にないのであれば、過去にとらわれない、創造的な発想が求められます。そして、創造力は先天的なものではなく、開発可能な能力です。創造力を開発すれば、変革につながる正解を手に入れることができるでしょう。
  4. 【実行】結局、実行するのは「人」である
    「方針が良いのも分かった、良いアイデアもあるし、ぜひ取り組みたいと思う。でも、今の状況で実行するのは、余裕がなくて無理」ということも多いと思います。良い制度、良い仕組み、良いアイデアも、個人がそれを使える状態になければ、宝の持ち腐れです。
    組織の質を向上させるためには、当然、そこで働く個人の質を向上させる必要があります。個人の働く「質」を向上させるためのキーワードに、「コントロール」「リラックス」「集中」が挙げられます。
    頭の中がパンパンな状態から抜け出し、常に自分の仕事が「コントロール」できていて、焦りのない「リラックス」した状態を維持でき、やるべきことに「集中」できていたら良いと思いませんか? そういう状態の社員が増えれば、変革の実現に向けて、会社の方針の徹底や施策の推進もスムーズになるはずです。

「働き方変革」に限らず、組織の方針を、現場の理解を得ながら推進していくことは、容易ではありません。ときには、トップダウンで、有無を言わさず、強引に推し進めることが求められる場合もあるとは思います。
しかし、言うまでもなく、「やらされる」よりは「自らやる」方が、良い結果を期待できます。行動を起こす動機づけには、「自己効力感(自分にもできる!)」と「結果期待感(役に立ちそう!)」が必要だと言われています。これらを感じられるような、方針や施策の打ち出し方(発信の仕方)も、重要になるかもしれません。

竹内 成司

おすすめの教育研修プログラム

  1. 【感情・パラダイムシフト】の問題に対応する、変革推進のプロセスを学ぶ
    変化を乗り切るためのマネジメント(Managing for Change)
  2. 【合意形成】を効率的にする、議論のプロセスを学ぶ
    思考の品質を上げるための思考スキル向上(Six Thinking Hats®)
  3. 【アイデア発想】に不可欠な「水平思考」を学ぶ
    水平思考による創造力強化(Lateral Thinking™)
  4. 【実行】する余裕を持つために、「コントロール」「リラックス」「集中」できる仕事術を学ぶ
    GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ