育成と指導

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てから学ぶ、若手指導において大切なこと

先日、ある方の子育てに関する経験談や、日本の子育て環境への問題提起について、お話を伺う機会があり、ふと気づいたことがありました。

『親は、自分に余裕がないときほど、子育てに対する視野が狭くなり、やがて視野が狭くなっていることにすら、気づかなくなってしまっているのかもしれない』

私自身、忙しいときや仕事が気になっているとき、子どもの言動が少しでも気になると、「危ない」「うるさい」「やめなさい」といった言葉がすぐに出てきます。それが繰り返されると、しまいには「いい加減にしなさい!」と怒鳴ってしまうこともあります。
この時の私は、子どもがなぜそのような言動をとるのか? など考えることもせず、ただイライラしてしまっているのです。

なぜこうなるのか考えてみました。
自分の経験を振り返ってみますと、余裕がない親の頭の中では、“自分のすべきこと/したいこと”の優先順位が高くなっていて、“子育て”に割り当てる意識が、少なくなってしまっているのだと思います。
子どもが自分の思いどおりにならないと、“自分のすべきこと”の実行が妨げられるわけですから、できないことで不満が溜まり、ストレス状態になる可能性が高くなります。

このことは、ビジネス上の若手育成にも同じことが言えるのではないかと思うのです。
つまり、指導する側(親)が忙し過ぎて、“自分のすべきこと/したいこと”に頭がいっぱいであれば、若手(子)に対する指導は自分の邪魔になるだけのもの、という考えになりがちだということ。そのような考えでいれば、遅かれ早かれ、不満だらけになることが容易に推測できます。

では、育成や指導に余裕を持って向き合うにはどうしたらよいのでしょうか?
1つ、下記のような質問を自分にしてみてはどうでしょう。

  • 「(育成・指導することで)何を妨げられると感じているのか?」
  • 「(育成・指導することで)失うと思っているものは何か?」
  • 「私が今、育成・指導より優先しようとしているのは何か?」

答えるうちに、頭の中が整理され、引っかかっているものが見えてくることがあります。
実は意外と小さなことかもしれませんし、優先順位を下げてもよいことなのかもしれません。
育成や指導がうまく行かないと思うときほど、立ち止まって考えることが大切です。

話題は変わりますが、公益財団法人日本生産性本部から、先日発表された平成27年度新入社員のタイプは、「消せるボールペン型」だそうです。

  • 外見は同じでも、書き直しができる機能(変化に対応できる)
  • 熱を加えると消える(熱血指導で個性が消える)
  • 使いやすいことをいいことに酷使すると、インク切れ(離職する)

このような傾向を持った若手にどう接したらよいか、頭を悩ませる方も多いかもしれません。
前述したように、最初に『自分の頭の中を整理して、少し余裕を作ること』が大切だと思います。余裕を作ることで、若手の言動一つ一つに過敏に反応することもなく、落ち着いて指導に向き合うことができると思います。

 

おすすめの教育研修プログラム

GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ