印刷範囲
全体プリント
本文プリント

変化に強くなるための自己管理法

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、日常生活にさまざまな変化が起きていることに気づかされます。
例えば、毎朝の通勤時の駅の改札。自動改札になってずいぶんと経ちますが、たまに切符を買う段になって、券売機の新しさにとまどいます。目的地までの料金を入れたのはよいのですが、どのボタンを押せば発券されるのか分からず手間取り、もう少し分かりやすくならないものかと不満を覚えます。
家庭の中でも、いつの間にかVHSは消滅して、DVDになっています。せっかく覚えた取り扱い方法が役に立たず、また初めから覚えなくてはならなりません。おまけに、リモコンがいくつもあり、ボタンを押すと予想外のものが動き出します。

私たちの日常生活だけでなく、職場においても、多くの変化が起きています。組織の改編、人事異動、新しいコンピューターシステムの導入、早期退職制度の実施など、枚挙にいとまがないほどです。

このような、職場や日常生活の変化に対応するには、どうしたらよいのでしょうか。
一般的に、「人は成長を好むが、変化を嫌う」と言われています。自分の周りの15%程度の変化に対してさえ、100%の変化が起きたように反応します。それも、肯定的な反応より否定的な反応が多いのです。

否定的な反応は、主として次の4つです。

  1.  憤慨:自らうまく対応できない問題をかくすために、怒りの反応をする
  2.  無関心:仕事に気持ちが入らず、積極的に関与しない。最低限、求められたことしかやらない
  3.  自己喪失:「昔はよかった、それに比べて今は…」など、過去への執着が強くなる
  4.  方位喪失:心配しすぎてパニック状態に陥る

自分が変化に対して否定的な反応をしているとしたら、上記4つのうち、どれに該当するでしょうか。それを考えてみることが大事です。

そのうえで、つぎの質問に自問自答してみましょう。

  1. 変化について、自分自身はどう考えているのか?(何を失うことを恐れているのか?)
    変化によって起きてほしくないことは何か?
  2. それは本当か?
    失ったと思っているものを、本当に失ったのか? それとも、感情的にそう思っているだけか?
    どれが事実でどれが事実でないかを見極める。
  3. この変化に本当に期待しているものは何か?(何を得たいのか?)
    変化によって、もたらされるかもしれないプラス面に目を向ける。
  4. 手に入れたいものを得るために、最初にすべきことは何か?
    まず、第1歩を踏み出し、前進していることを感じることが大切。 

このような自己管理の手法を身につけることが、変化に強くなるひとつのやり方でです。

住友 光男

おすすめの教育研修プログラム

変化を乗り切るためのマネジメント(Managing for Change)

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ