印刷範囲
全体プリント
本文プリント

2019年6月28日 無料セミナー実施報告
「パーソナリティを踏まえた人材育成」

投稿日:

正しい自己認識とメンバー認識に基づくパフォーマンスの向上

6月28日(金)に、無料セミナー「パーソナリティーを踏まえた人材育成」を開催しました。パーソナリティー診断ツール「Facet5」を中心に、その他の診断ツールの紹介と、Facet5の使い方や活用事例をご紹介いたしました。

セミナー当日の内容

「Facet5」では、人のパーソナリティ(性格)は以下の5つの側面ではかることができるとみています。

  1. 意志:自らの信念・考えに対する固執やこだわりの程度
  2. エネルギー:他者との関係性を必要とする程度
  3. 配慮:他者に対する寛容性や支援性の強さの程度
  4. 自律性:自己規律や責任感の強さの程度
  5. 情動性:緊張やストレスの感じやすさの程度

パーソナリティを5つの因子(要素)に分類する理論は「ビッグ・ファイブ(BIG5)理論」や「特性5因子モデル」とも言い、パーソナリティの研究において、1980代後半に欧州で形成され、現在、世界で最も受け入れられている理論です。セミナーでは、まずこの5つの因子と、ビッグ・ファイブ理論についての説明を行いました。

そして、参加者の皆さんに事前に回答をいただいたパーソナリティ診断結果のフィードバック、そしてFacet5のコンサルティングツールのご紹介を行いました。

  • 「TeamScape」の紹介
  • 「SpotLight」の紹介
  • 「SpotLight Coaching Affinity」の紹介

Facet5は、「パーソナリティを仕事に活用する」ことをコンセプトに開発されたツールです。チームメンバー間の相互理解や組織開発に、ぜひご活用いただければと思います。

セミナー概要

タイトル パーソナリティを踏まえた人材育成
 - 正しい自己認識とメンバー認識に基づくパフォーマンスの向上 -
日時 2019年6月28日(金) 14:00~17:00
会場 ラーニング・マスターズ株式会社(東京・五反田)
講師 パフォーマンス・コンサルタント 﨑山 千春
内容
  • 「Facet5」診断結果のフィードバックと、自分自身の強みと弱みの理解
  • チームの強みと弱みの把握(「TeamScape」レポートの活用)
  • 上司と部下の相互理解(「SpotLight」レポートの活用)
  • 個人およびチームのパフォーマンス向上のための「Facet5」活用事例

セミナーの詳細はこちら

次回開催予定

イベント・セミナー実施報告 アーカイブ

2019年9月6日
インストラクター・ミーティング実施報告
2019年8月7日
介護事業所の支援誌に掲載されました
2019年8月6日
2019年 夏期休業のお知らせ
2019年4月16日
マネジメント・カレッジ株式会社との提携のお知らせ
2019年3月20日
「シックス・シンキング・ハット」および「ラテラルシンキング」の版権について

→ お知らせ

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ