印刷範囲
全体プリント
本文プリント

導入事例「認定制度による営業職のキャリアパス設計とモチベーションアップ」を掲載しました

投稿日:

ラーニング・マスターズが支援した事例「認定制度による営業職のキャリアパス設計とモチベーションアップ」を新たに掲載しました。
詳しい内容は「導入事例」、または詳細ページでご覧ください。

私たちラーニング・マスターズが目指し、実現する「ラーニング・デザイン・ファーム(Learning Design Firm)」モデルで行った事例です。

導入事例のご紹介

今回掲載した事例を含め、新たなビジョンとして「ラーニング・デザイン・ファーム」を掲げた導入事例をご紹介します。

担当者自身の成長も目指すOJT指導者研修

受講対象者 その年度のOJT担当者
抱えていた課題
  • 指導経験がないOJT担当者にも、適切なOJTができるようになってほしい。
  • OJT担当者個人の技能や工夫を共有し、以降のOJTの質を向上させたい。
  • 指導した経験を、OJT担当者自身の今後のキャリアや成長につなげてほしい。

自分なりのマネジメントを見つけて
職場で活用できるマネジャー研修

受講対象者 マネジャー
抱えていた課題
  • 通常のマネジメント研修を実施しても、ただ知識を学ぶだけになってしまう。研修で学んだことと、自分の指導をつなげて考えることができず、職場で活用されない。
  • マネジャーが自分や部下のことを考えながら関わる時間を確保できない。

認定制度による営業職のキャリアパス設計とモチベーションアップ

受講対象者 営業担当者
抱えていた課題
  • 中小規模の販売代理店が独自で営業教育を行うのは難しい。
  • 営業担当者の評価基準が明確ではないため、主観や売上数字だけの評価になってしまう。
  • 営業担当者が情報交換できる場を会社として用意したい。

お知らせ アーカイブ

お役立ちコラム「気づきの小径®」

NEW

2024年6月13日

職場での前向きな対話を促進するスキル

組織の成功に欠かせない職場のコミュニケーション ギャップが生まれる職場のコミュニケーション メッセージアプリ、オンライン会議ツールなどの普及 …

NEW

2024年5月16日

組織文化の形成を促す新入社員のOJT教育

新入社員とOJTリーダーがともに成長できる教育 新入社員の成長スピードを上げるために 多くの企業では、4月からの新入社員が入社しました。新入 …

2024年4月18日

マネジャー教育で意識すべきギャップとバランス

適切な教育研修に必要な意識 実務は忙しく、その中でも適切に部下を育成し、エンゲージを高めながら優秀な人材を確保するキーパーソンであり続ける― …

2024年4月11日

忙しい教育研修担当者が忘れてはいけないポイント

企業の教育研修担当者が目指すべき目的 教育研修担当者の仕事とは 春が来ると新入社員がやってきて、その対応に手いっぱいのまま、気づけば梅雨にな …

→ お役立ちコラム「気づきの小径®」

ページの先頭へ