印刷範囲
全体プリント
本文プリント

タグ別アーカイブ: パーソナリティ・自己認識

研修支援ツールとしてパーソナリティ診断を活用する3つの方法

人材開発や教育研修での「Facet5」活用方法 私たちを取り巻くテクノロジー環境が変化を続ける中、人材開発や教育研修の分野でも、さまざまなサ …

2019年6月28日 無料セミナー「パーソナリティを踏まえた人材育成」実施報告

正しい自己認識とメンバー認識に基づくパフォーマンスの向上 6月28日(金)に、無料セミナー「パーソナリティーを踏まえた人材育成」を開催しまし …

自己理解から始まる個人の育成支援

パーソナリティを知って自己探求と成長の材料に 一番身近な「私」が不思議 アニメ「ドラえもん」の映画、「のび太と鉄人兵団」という作品の主題歌に …

成功を左右する「グリット(やり抜く力)」の強化策を選ぶポイントは

継続と向上を目指すために知る「ストレス」 「グリット」理論がもたらしたもの ペンシルベニア大学のアンジェラ・ダックワース氏が提唱した「グリッ …

【2020年2月開催】相手のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上

公開講座14PDU 【開催日程】2020年2月27日~28日【場所】東京 教育研修プログラム「相手のスタイルに合わせたコミュニケーション力向 …

【2020年1月開催】ストレスをパワーにかえるためのレジリエンス強化

公開講座7PDU 【開催日程】2020年1月31日 【場所】東京 教育研修プログラム「ストレスをパワーにかえるためのレジリエンス強化」を、さ …

ソーシャルスタイル

ソーシャルスタイルとは 人の言動を観察した結果から導き出される、4つのコミュニケーションのパターンのこと。産業心理学者のデビッド・メリル(D …

ビッグ・ファイブ(BIG5)

ビッグ・ファイブとは 人のパーソナリティ(性格)を特徴づけたり表現したりする際に用いる5つの因子(要素)のこと。ビッグ・ファイブ理論や特性5 …

パーソナリティ診断

パーソナリティ診断とは 人格、性格などの人が持つ傾向を診断すること。近年は、「パーソナリティを仕事に活用することを目的に開発された診断」が一 …

【11月開催 公開講座】Facet5認定プラクティショナー養成コースお申し込み受付開始

「Facet5認定プラクティショナー養成コース」を11月に開催いたします。 「パーソナリティ診断(Facet5)」の受検者に対して、パーソナ …

Facet5販売パートナー募集

ラーニング・マスターズでは、パーソナリティ診断ツール「Facet5(ファセット・ファイブ)」の販売パートナーを募集しています。 Facet5 …

アジア特有のリーダーシップはあるのか - パーソナリティの特性がビジネスへ与える影響

by Norman Buckley, Author Facet5 グローバルリーダーとして活躍するためには、地域ごとの文化やそこで暮らす人々 …

働き方改革実現に向けたサポート

2018年6月に、働き方改革関連法が成立し、各企業が本格的に取り組みを始めています。働き方改革への取り組みは、社内外から注目され、優秀な人材 …

「パーソナリティ診断(Facet5)」の新サービス

Facet5の国際会議に参加しました Facet5を扱う各国のパートナーが集まる国際会議が、2017年10月17日~20日の4日間にわたりポ …

管理者・育成者のためのコーピング術

管理者・育成者のためのコーピング術を習得するプログラムです。部下のストレス、自分のストレスに悩む管理者のため、チームやグループを前向きに導くためのマネジメント・スキルとしてのコーピングを学んでいきます。

トップアスリートに学ぶコーピング術

オリンピック・メダリストと「使えるメンタルトレーニング・スキル」を開発しました。トップアスリートに学ぶコーピング術(厳しい状況に対処するスキル)を習得します。

Dr.のスタイルに合わせた面談力向上(MR-PGM)

「苦手なDr.」が生じる理由を知り対応していますか。Dr.のスタイルに合わせた面談力を向上するための研修プログラムです。「パーソナル・スタイル」理論を基本とし、MRとMRマネジャー向けの内容です。

ストレスをパワーにかえるためのレジリエンス強化(BR)

自分がどんな面でストレスを感じるのかを理解し、ハイパフォーマーが持つ共通の特性を修得するための研修プログラムです。米国の『POWER SOURCE』をベースとし、ストレスをパワーにかえるための「レジリエンス(回復力、復元力)」を強化していきます。

相手のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上(PGM-C)

「パーソナル・スタイル」理論をベースとし、コミュニケーション能力向上のための研修プログラムです。「生産的な関係構築」を目的に、相手のスタイルに合わせたコミュニケーション力が向上します。

部下のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上(PGM-M)

マネジャーが「さまざまな部下やメンバー」と、円滑なコミュニケーションを行うための参加型の研修プログラムです。「パーソナル・スタイル」理論を基礎として、部下のスタイルに合わせたコミュニケーション力を向上させます。

顧客のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上(PGM-S)

顧客のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上のための営業担当者向け研修プログラムです。「パーソナル・スタイル理論」をベースとし、「営業スキルの向上」を目的にした参加型・対話型の内容です。

パーソナリティ診断(Facet5)

「ビッグ・ファイブ」理論をベースに、「パーソナリティを仕事に活用する」ため、組織で働く人のパーソナリティを5つの側面から診断します。パーソナリティ診断(Facet5)を用いて、自己理解を高めていきます。

職場の環境づくりは自分の性格(パーソナリティ)を理解することから始める

性格(パーソナリティ)が自分の環境に影響を与える 個人の置かれている環境は、そのパーソナリティが多大な影響を与えているということが分かってき …

結果を出すためのセルフマネジメント

人の行動に影響を与えるさまざまな要素を知る 先日、サッカー日本代表の本田圭佑選手がインタビューに答えていました。「結果が出せるところまで(自 …

グローバル人材育成の原点にあるべきキャリア・ビジョン

個人の視点から「グローバル人材になる」第一歩は 課題はグローバル人材の育成 日常生活の中で、「グローバル」という言葉をよく耳にするようになっ …

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ