印刷範囲
全体プリント
本文プリント

「パーソナリティ診断(Facet5)」の新サービス

投稿日:

Facet5の国際会議に参加しました

Facet5を扱う各国のパートナーが集まる国際会議が、2017年10月17日~20日の4日間にわたりポーランドで行われ、日本からは、ラーニング・マスターズが参加しました。

参加者は18ヵ国の国籍からなる30名のメンバーで、各地域でパーソナリティ分析を用いた人材開発や組織開発を展開している、人事コンサルティング領域のプロフェッショナルたちです。

会議では、各国のパーソナリティを踏まえたパフォーマンス・コンサルティングの事例を共有したり、Facet5社が開発した、新たなコンサルティングツールを体感して意見交換をしたりしました。

会議の様子はこちらからご覧いただけます。(100秒ムービー)

 

 

このコラムでは、その中で紹介された、新たなサービスの概要をお伝えいたします。

Coaching Affinity

管理者と部下間や、リーダーとメンバー間におけるパーソナリティの違い。そこからから生まれる2人の関係性における強みや懸念、そして、管理者やリーダーが抱えると推測される葛藤や課題を、分析するツールです。

マネジメント研修やコーチング研修に診断を付け加えて、部下やメンバー個々に対する、具体的な関わり方のアクションプランを立てるのに有効です。

 

SuperSkills™

診断対象者の、パーソナリティ上の先天的な「会話力」の有無を診断するツールです。

診断の結果は、「会話に対する集中力」「自己認知の有無」「傾聴力」「主張力」「会話の構成力」という要素に分けて診断され、「本人が強みとして持っていること」「開発が必要なこと」「抑制すべきこと」の3つの視点からのアドバイスがあります。

一般的に多くのビジネスパーソンは、「会話力」はすでに備わっていると思いがちですが、「言うべきことを言えない社員」「人の話に耳を傾けられないリーダー」「忙しすぎて部下との会話に集中することができていない管理職」など、日常のコミュニケーションに関する課題が出てくる組織は少なくありません。外部環境の変化が激しい中で、1人のリーダーがすべてを導くのではなく、常に組織構成員の対話を通した、より良い意思決定を目指す組織において、「会話」を見直すことで、より良い「対話」を促すことに役立ちます。

 

Facet5 GPS

昨今のHR Techのトレンドを受け、Facet5の診断結果をオンラインで管理して、個人のパーソナルデバイスで、いつでも確認できるようなサービスに進化させていくことが発表されました。

現段階では、1度Facet5の診断を受けた方は、ほかの受検者とお互いに承諾をすれば、結果データを共有して、相互の人間関係がスムーズに進むためのヒントをオンライン上で得ることができたり、自国以外の人と協働するケースでは、他国の人から自分がどのようなパーソナリティに見えるのかを簡単に分析することができたりします。

短期間でメンバーが入れ替わるプロジェクト型組織で働くようなビジネスパーソンや、多様な国の人と協働して成果をあげていくことが求められるグローバルタレントの方々に、役立てていただけそうです。

各ツールは、日本の認定パートナーである当社が、日本市場に向けて商品開発を進めています。リリースをご期待ください。

田所 祐輝

おすすめの診断ツール

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ