印刷範囲
全体プリント
本文プリント

5ステップで生産性が上がるGTD®とは

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「HRカンファレンス2017-秋-」に参加しました

「残業している社員が毎回同じなのはなぜか? 5ステップで生産性が上がるGTD®とは」
と題して、11月14日(火)に「日本の人事部」主催の「HRカンファレンス2017-秋-」にて、GTD®の体験型ワークショップ(2時間)を実施しました。今回は、春のカンファレンスに続いて2回目となります。

4日間にわたるHRカンファレンスの初日、オープニングの時間(9:30~11:30)でしたが、前回よりも多くの方にご参加いただき、「働き方改革」や長時間労働是への関心が、より高まってきていることが感じられました。

ワークショップはまず、前回同様、「働き方改革」とGTDがどのように関係するかという点からスタートし、制度やしくみの変更だけでは期待される効果はなかなか得られず、一人ひとりが、仕事にどう向き合い行動するかが鍵になることをお伝えしました。

続いて、GTDの5つのステップが何をねらいとしているのかと、その特長に触れ、5つのステップの一部を体験いただきました。5つのステップの概要についてはこちらをご参照ください。

GTDの特長としては、以下があります。

1. 自分自身が「やること」をコントロールして集中力を高めるために
 ● 頭の中に「スペース」をつくる
 ● 頭の外に信頼できる「システム」を築く
2. 会社での仕事だけに限らない
 ● トータルライフ・マネジメントシステムである

今回の参加者のほとんどは、GTDについて初めて学ぶ方々でしたが、限られた時間の中での体験を通じて、これらの特長に、多少なりとも関心を持っていただけたようです。

また今回、お申し込みの時点で、このワークショップに関する質問を提出していただきました。その中に、「生産性向上の一環で勤務時間が減ることは、残業代が減ることを避けたい社員には歓迎されないのでは?」、「キャリア構築のために時間とエネルギーを投入したい若手社員にとって、時間外勤務が減ることは、モチベーションを下げるのでは?」といった観点での質問がありました。ある意味、切実な問いです。

こうした課題については、一律的な制度やシステムの変更だけでは解決が難しいと考えます。制度やシステムによる対応に加え、これらの環境にどう関わっていくかを『社員自ら考えて行動する』、つまり『自律』が不可欠な時代になっているのではないでしょうか。

先に述べたように、GTDは会社での仕事だけに限らず、トータルライフ・マネジメントシステムとして、私たちの拠り所になるものです。制度やシステムだけに依存しない『自律』のための考え方や価値観を、社員の皆さんが持とうとしたとき、GTDがその真価を発揮する環境がまさに来ている、そうお伝えして、質問への回答とさせていただきました。

最後になりますが、熱心にご参加いただいた参加者の皆さま、企画・サポートいただいた「日本の人事部」の皆さまに、あらためてお礼申し上げます。

近藤 克明

おすすめのコラム
おすすめの教育研修プログラム

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ