印刷範囲
全体プリント
本文プリント

GTD®はボトムアップの目標達成術

投稿日:

実践してわかったGTDのポイント

目標を目指して進むためには?

2014年も早くも3月に入りました。新年度に向けて、資格取得やTOEICスコアアップなど、新しい目標を立てようと考えている方も多いと思います(私もその1人です)。しかし、忙しい毎日を過ごす中で、当初の目標がなおざりになってしまうこともよくあります(私もその1人です)。さあ、どうしましょう…。

このような課題をお持ちの方にご参加いただきたいのが、当社が新たに導入する教育研修プログラム「GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術」です。プログラムの概要は、前回のコラムでも説明しました。GTD実践の大まかな流れは、以下になります。

  1. 頭の中の「気になること」をすべて外に出す
  2. 「気になること」とは何か、そしてその目標を明確化する
  3. 目標に近づくための行動を具体化、および行動しやすいように整理する
  4. 日々行動する
  5. 定期的に1~4を見直す

今回は、私自身がGTDを実践する中で「なるほど」と感じたポイントを3つご紹介します。

1) 気になることをすべて頭の外に出す

GTDは、「気になることをすべて書き出してしまえば、気になることを気にしておくことに、頭を使わなくてよい」という考え方です。余計なことばかり考えてしまう脳の負担をできるかぎり減らすことで、やるべきことに集中することができます。余談ですが、こういった「思考のクセ」という点では、当社で提供する教育研修プログラム「思考の品質を上げるための思考スキル向上(Six Thinking Hats®)」の考え方に通じるところがあります)

「気になること」は、いつ、いかなるタイミングで頭に浮かんでくるか分かりません。どれだけまめに書き出せるかが、GTDを成功させるポイントの1つです。

2) 行動を明確化するのは、すべての「気になること」ではない

1)で頭の外に出した「気になること」は、今すぐ行動するものばかりではないでしょう。GTDの実践的なところは、それを必要な時期まで「先延ばし」できることです。GTDを使うことで、優先順位に合わせた行動を選択し、同時に今すぐに行動はしない事柄を「忘れて」おくことができます。

3) 行動はシチュエーションごとに整理する

GTDでは、次にとるべき行動を「会社」「外」「自宅」などのシチュエーションで分けることを推奨しています。シチュエーションで分けると、手の空いたときや、今の状況から何ができるかを考えたいときに、行動までのスピードを大幅に短縮することができます。

例えば「思ったよりも早く資料が作成できた。会議までの残り時間をどうしよう?」といった状況で、「何をしよう」と考えるのではなく、その時間も「行動」の時間に充てましょう、ということです。これは目から鱗の発想でした。

ボトムアップの目標達成

目標達成の考え方として、ありたい姿から逆算してやるべきことを具体化する、いわば「トップダウン」のアプローチがあります。大事な考え方ですが、しかしながら、立てた計画と自分が置かれた状況との調整がうまくできず、結局やるべきことを実践できなかった経験も、きっとお持ちではないかと思います。

GTDは、目の前のやるべきことをしっかり捉えながら、先に目線を向ける技術です。足下が固まっていないと先のことも考えにくいですから、非常に現実的な考え方と言えるでしょう。

目標達成に近道はありません。これは多くの仕事術でも言われることです。そして、大切なのは、道から外れないよう気をつけて進むこと――GTDの実践で「道から外れない自分」を作っていただきたいと思います。

北川 潤

GTD® とは?

お役立ちコラム「気づきの小径®」 アーカイブ

2022年7月1日
2022年 創立記念日(7月14日)による休業のお知らせ
2022年6月17日
教育研修プログラム「相手のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上」をリニューアルしました
2022年4月15日
2022年 ゴールデンウィーク休業のお知らせ
2022年1月27日
教育研修プログラム「診断レポートに基づく対話力強化研修」を掲載しました
2021年12月9日
【2022年1月~2月開催】無料セミナーお申し込み受付開始

→ お知らせ

ページの先頭へ