印刷範囲
全体プリント
本文プリント

知的生産性のデフレスパイラルから脱出するためのGTD®

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は職業柄、手足を使う作業よりも、「考えて生み出す」とか「考えて実践する」といった、頭を使う仕事が多いため、頭がうまく働かなければ生産性が上がりません。頭=脳がうまく働くためには、そもそも健康でなければならないでしょう。
 
一般的に、健康に必要な要素は、適度な睡眠、食事、運動であると言われています。この3つをあらためて見てみると、いずれも仕事ではないとき(OFF)に行う要素です。仕事が増えてOFFの時間がなくなってくると、徐々に健康でいられなくなってきます。これが長期間続くと、脳の活動も低下して、生産性が下がってしまいますが、仕事量は減るどころか増える一方…。そうなるとさらに不健康 → 生産性低下 → …。

こんな状態を、「知的生産性のデフレスパイラル」とでも呼びましょうか。
私は多忙になると、この状態に見舞われることがたびたびあり、悩みながらも、どうしようもない状況でした。困ったときは書店に行き、いわゆる、仕事術や時間管理のハウツー本を読んで、自分でも試してきましたが、どれも長続きしませんでした。
今振り返ると、これらはデフレスパイラルの解決策ではなかったのだと思います。

そのような中で出会った手法が、「GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術」でした。
最初は、よくある仕事術のたぐいだろうと思ったものの、「ストレスフリー」というキャッチコピーにひかれ、自分で実践し始めたところ、驚くほど効果があったのです。頭がスッと軽くなり、気分がとても晴れやかになったのを覚えています。これまでの手法が長続きしなかった私ですが、今でも実践を続けることができています。

この手法が私に合った理由は、2つあると考えています。
1つは、この手法が仕事術のハウツーではなく、あくまで「情報整理の思考法」そのものであったということです。
2つめは、GTDが行動を考える脳の機能を忘れていない、ということです。

すばらしいビジョンや明確な目標、具体的な計画を立てていたとしても、実行動の指令は脳が行いますから、この脳が正常に機能できる環境がなければ、高い知的生産性は期待できないと、開発者のデビッド・アレン氏は言っています。GTDは、この点に注目しており、デフレスパイラルに陥っていた私には、大いに共感できる点でした。

ただ、GTDはとても良いプログラムなのですが、欠点が1つあります。
本を読むだけでは、難しく感じるということです。日本でも、すでにGTDを実践されている方は多いことと思いますが、チームメンバーに良さを伝え切れなかった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、今後は安心してください。
今年、ついにGTDの正規プログラムを、国内の皆さんに提供できるようになります。

詳細は、近日中にご案内できるでしょう。私も楽しみにしています。

 

おすすめのコラム

GTD®はボトムアップの目標達成術

おすすめの教育研修プログラム

GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ