印刷範囲
全体プリント
本文プリント

パーソナリティとセルフマネジメント

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルト・レヴィンの法則

先日、サッカー日本代表の本田圭佑選手に対するインタビューをテレビで視聴していたところ、とても興味深いコメントがありました。
「(自身の仕上がりは)6割くらいまできている。結果が出せるところまで上げたい。(意識するのは)得点にからむ準備。何を食べるか、何時に寝るか、どういったサッカービデオを見るか、誰と話すか、何を話すか。24時間のスケジューリングを、うまく組み込めたらなと思います。」
ビジネスの世界でも、「セルフマネジメント」が重要だとよく言われていますが、食事や睡眠はまだしも、会話の内容にまで意識を巡らせ、自己管理を実践している人は、決して多くないでしょう。また、仮にまねをしようと思っても、はたしてどれだけの人が継続できるか疑問です。

さて、人材開発に興味を持たれている皆さんであれば、「クルト・レヴィンの法則」を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? この法則は、人がとる行動とは、人間の特性と環境が、相互に作用して生じるものであり、B=f(P・E)という式で説明することができるというものです。(それぞれの記号は、以下のような概念を表しています。)
 B=Behavior (行動)
 f=Function (関数)
 P=Personality (人間性、人格、個性、価値観、性格など)
 E=Environment (周囲の状況、集団の規制、人間関係、風土など)

例えば、自宅では、ほかの用事をそっちのけにして、FIFAワールドカップの試合を見てしまうとしても、多くの人は会社の就業時間中であれば、試合観戦に興じることはないでしょう。そのときの周辺環境が異なれば、人は異なる行動をとるということです。
一方で、有給休暇を取ってでも試合観戦をしなければ気が済まない人もいるでしょう。また、職場で、業務時間中にワールドカップの観戦が許可されたとしても、サッカーに興味がない人は、変わらず観戦に興じないかもしれません。個々人の価値観や性格による影響によって、環境が変わったとしても変わらない行動があるとも言えます。

こう考えると、人の行動を促す要因や、それらに影響を与える要素(関数)が数多く存在する以上、期待される結果を得るための「セルフマネジメント」という概念は、言葉で表現することは簡単でも、実践することは非常に難しいものです。また、その実践方法についても、個々人のパーソナリティが違う以上、一様である必要もなく、多様なアプローチがあって当然です。

昨年より、当社は新たなサービスとして、ビジネスシーンでの活用を視野に入れた、ビッグ・ファイブ理論に基づく診断ツール「パーソナリティ診断(Facet5)」を導入しました。私自身のレポート結果を見ると、特異的に「自律心」という要素が高いことと、「意志」という要素が比較的高いことが確認できたのですが、私自身も思い当たる行動パターンがあります。例えば、「健康管理のため、何ヵ月も同じ朝食メニューをとること」、「より良いライフプランのために、1円単位で、自分が何にお金を使ったか把握できている家計簿づくり」など。これらを継続することは、私にとってはまったく苦にならないので、特別な工夫も必要ないのですが、ほかの人、特に「自律心」という要素が低い方からすると、どうやってもまねできない、理解しづらい行動パターンかもしれません。

冒頭の本田選手のインタビューに話を戻しますと、本田選手は自律心が高いことを、おそらく自覚しており、そのパーソナリティ上の強みをもって、自らのパフォーマンスを高めようとしていることが、コメントからうかがえます。今後の日本代表の活躍によって、彼の言動や思考スタイルが、さらに注目されるのではないかと思いますが、それを参考にしたり、取り入れたりするにあたっても、自らはどんなパーソナリティなのか?を踏まえないと、ただ大変なだけに終わってしまうかもしれません。

セルフマネジメントを実践するうえでの、本当の最初のステップは、「まず己を知ること」。これが大事であるような気がしています。

田所 祐輝

おすすめの診断ツール

パーソナリティ診断(Facet5)

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ