情報の扱い方①

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い込まない、決めつけない

先日、「男女の脳の違い」について書かれた本を読みました。その本の中で、筆者は「男女は生来的に異なる脳を持っているので、いろいろな違いがあって当然である」と主張しています。一方で、世の中には「男女の脳に違いはない」という立場も存在します。こちら側の主張は、「男女の脳が違うという主張の、根拠になっている実験は、妥当性に欠ける。男女に違いがあるとすれば、それは環境要因によるところが大きい」というものです。

答えがひとつであるはずの自然科学にも関わらず、これら2つの主張は対立しています。なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

理由としては、次の2つが考えられます。1つは情報そのものが恣意的なものである場合(英エコノミスト誌によれば、科学分野の論文における実証研究のうち、3分の1は再現性がないそうです)。そしてもう1つが、私たちが情報の意味を決めつけてしまう場合です。

私たちは、世の中のすべてのことを知っているわけではありません(むしろ、知らないことの方が多いでしょう)。そして厄介なのが、「分からない」「知らない」という状態は、私たちにとって、心地よいものではないということです。(心理学者のロバート・ヤーキーズとJ.D.ドットソンは、「人に対する警戒心や不信感は、相手に対する未知から生まれる」と述べています。経験上うなずける方も多いかもしれませんね)
そして、私たちは居心地の悪い状態から脱しようと、知ろうとする努力をします。しかし、その思いが強すぎるとき、信憑性の低い情報でも「正しい情報だ」と判断をしたり、「これは○○という意味だ!」と誤った解釈をしてしまうのです。

「人は見たいものしか見ない」という言葉があるとおり、世の中には多くの思い込みや決めつけが存在します。そうした思い込みや決めつけの裏には、居心地の悪さから逃れたいという私たちの弱さがあるのかもしれません。

何か新しい情報に触れるとき、その情報の真偽はもちろん重要ですが、その前提として「自分はその情報をどのように扱おうとしているのか」を自覚することが大切なのでしょう。

私も「思い込まない」「決めつけない」を意識して、活動していきたいと思います。

北川 潤

おすすめのコラム

情報の扱い方②

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ