印刷範囲
全体プリント
本文プリント

情報を多面的に判断するために

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

選択的知覚の落とし穴

ステレオタイプ――もともとは、出来事や情報から、社会的集団に対して持つ固定的イメージのことを言いますが、集団以外でも、固定的イメージを持つことはよくあります。
身近な例で挙げると、「血液型がA型の人は几帳面である」や「水をたくさん飲むと血液がサラサラになり、健康に良い」、「たくさん汗をかけば風邪は早く治る」、「酒を控えると肝臓ガンが防げる」、「脳トレのように単純な計算問題を解くと脳が活性化する」、…など。
ステレオタイプを持つこと自体は、悪いことではないかもしれません。しかし、短絡的に信じてしまうことや、いつまでもその通りだと思ってしまうことには、問題を感じます。なぜなら、問題の本質を見えづらくさせたり、変革を妨げることにつながる可能性があるからです。

では、人はどのようにステレオタイプを維持したり、強化したりするのでしょうか。
1つには、”選択的知覚”というメカニズムが関係していると言われています。選択的知覚とは、さまざまな情報の中から、信念や予期に一致するものだけに気づき、記憶し、解釈することを言います。
例えば、「朝の通勤時、寝ずに脳トレを行うようになってから、仕事がはかどる⇒やっぱり脳トレは脳を活性化させる」など。
この選択的知覚が、ときによって、問題の本質を見えづらくさせたり、変革を妨げることにつながったりしているのだと思います。
ちなみに、上に挙げた例は、すべて根拠がない(もしくは間違っている)例です。

選択的知覚に、できるかぎりとらわれず、判断するためには、どうしたらよいのでしょうか。
まずは、根拠を客観的に見定めること。そのためには”情報収集”とその情報が正しいのかどうかの”評価”が必要です。
2つめは、環境や情報は常に変化しているという認識を持つことです。過去の正解は現在の正解とは限りません。よって、知っている情報だけでなく、必要な情報は何かを考え、収集することが必要です。また、第三者の意見に耳を傾けることも必要です。
3つめは、物事を多面的にとらえて判断することです。短絡的に判断せず、前述で得た情報を踏まえて、多面的に考察することが必要です。

情報の収集や正しい評価、そして多面的な考察など、これらのスキルを高めるためにはどうしたらよいのでしょうか。当社の教育研修プログラムが、お役に立てるかもしれません。「思考の品質を上げるための思考スキル向上(Six Thinking Hats®)」が思考を無限に広げてくれるはずです。

 

おすすめの教育研修プログラム

思考の品質を上げるための思考スキル向上(Six Thinking Hats®)

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ