2011年度新入社員導入研修

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年度新入社員の皆さま、入社おめでとうございます!

今年も例年通り、新入社員導入研修を実施しました。例年であれば、晴れやかな気持ちで4月を迎えるところですが、今年は震災の影響もあり、どことなく落ち着かない雰囲気であったように感じます。
今年の新人はというと、社会問題になるほどの就職活動と、入社直前の大地震を体験してきたこともあり、良い緊張感を持っている印象を受けました。「社会人になる準備」はできているようです。とは言え、モチロン課題もあります。いくつか挙げると…。

■ 話を整理する

話をすることは好きなようですが、仕事上でも雑談の延長になってしまい、話したいことをすべて「しゃべって」しまっています。また、話しているうちに、自分でも何を言いたいのか分からなくなることもあるようです。話のポイント、順序などを整理して伝える必要がありそうです。会話だけでなく、文章を書くことについても同様です。

■ 相手の立場で考える

コミュニケーションが一方通行になりがちです。上記にもつながりますが、報告をするにも、「課長であれば何を聞きたいか」や、先輩との会話も「こういう表現は失礼かな」など、ちょっとした気配りがあると、コミュニケーションが円滑になると思います。

■ 継続する

研修中でもそうですが、少し単調な作業が続くと飽きてしまう傾向がありました。集中力は、60分が限界かなという印象です。「分かった気」になってしまうことが多いようです。仕事上認められる能力は、「知っていること+できること」と定義できると思います。仕事として「できる」レベルまでの道のりは、そう簡単ではないと思いますが、根気よく繰り返し実践することが重要です。

これから、仕事を通してさまざまな経験をすることで、多くのことを学び、社会人として成長いただければと思います。新入社員の皆さまのご活躍を期待しています。

竹内 成司

おすすめの教育研修プログラム

新入社員のための社会人基礎力向上

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ