印刷範囲
全体プリント
本文プリント

調査に必要なサンプルサイズ

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調査に関してよく受ける質問に、「どれくらいの人数を調査すれば、会社全体の傾向がつかめるか?」というのがあります。
統計学では、必要なサンプルサイズを求める計算式がいくつかあります。ある式を用いた場合、従業員1万人の会社で、調査を行う際に必要となるサンプルサイズは、964名と算出されます。

しかし、この数字は常に一定ではありません。調査で明らかにしたいこと(目的)は何か、どのような統計分析を行うかによって、サンプルサイズは変わります。例えば、年齢、部門、職種による違いを検討したいのであれば、比較したい条件別に十分なサンプルサイズがとれるよう最初から考慮しておく必要があります。

また、結果についてどの程度の信頼度を確保するかによっても、サンプルサイズは変わってきます。信頼度とは、今回のサンプルを用いることで生じる誤差の許容範囲が、どの程度信頼できるかの目安になるものです。例えば、信頼度95%というのは、100回中95回は誤差が許容範囲内に収まることを意味します。冒頭の例は、信頼度を95%と設定した場合のサンプルサイズですが、信頼度を90%に下げると703名、99%に上げると1,560名となり、信頼度の設定によってサンプルサイズが変わります。

調査に充てる費用や時間、労力が限られている中で、いかに効率よく、信頼できる結果を得られるかを考えることは大切だと思います。
しかし、サンプルサイズに注力しすぎては、本来の調査の目的からずれてしまう恐れもあります。今回の調査の目的をまず明確にし、その目的を検証するためにどういうサンプルを抽出するか、そしてどういう切り口で分析するかといった調査デザインを組み立てる中で、適切なサンプルサイズが導かれます。

増永容子

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ