ダイバーシティと丸刈り

投稿日:

高校時代に、悪いことをして頭を丸めて坊主にし、校長室まで謝罪にいっていた同級生がいました。そんな同級生を横目で見ていた自分が、まさかこの年で、坊主に近い髪型を基本としようとは思っていませんでした(別に悪いことはしていません。念のため)

そんな遠い高校時代を思い出したのは、最近ニュースで、高校球児達の丸刈りを見たからです。彼らは昔も今も変わらずに、丸刈りを基本とする集団ですが、もしこれが社会人であったら、かなりいかつい怖い集団に見えてしまいそうです(彼らは体格が良いので、制服を着ていなかったら、ちょっと近寄りがたい雰囲気かもしれません)。

ところで、この髪型には昔からちょっとした疑問がありました。なぜ丸刈りでなければならないのでしょうか?そんなルールがあるのだろうか?それともこれが最近言われる「忖度(そんたく)」というものでしょうか?
彼らが丸刈りにする理由はよくわからないままですが、私の高校3年生の時の記憶によると、野球部員の面々は、夏の大会が終わり、悔し涙と共に部活を引退すると、そこから一斉に髪が伸び始めて、夏休みがあけると、髪がハリネズミのように育ち始め、なかには髪の色を変える者もいたような…。
プロ野球選手の髪型を調べたことはないのですが、高校野球時代に野球部で丸刈りだった、という割にはプロ野球選手に丸刈りは少ないように思います。どうも髪型が自由でよくなると、野球選手はそれを選ばないようです。

私は別にこの髪型に嫌悪感を示しているわけではありません。丸刈りはとても合理的な髪型です。手入れが楽。朝整える、夜風呂の後に髪を乾かすといった手間がかからない等々、個人的には好きな髪型でさえあります。

ただ、野球部の「全員」が丸刈りで統一されている光景は、それを知らずに育ったものからすれば、特殊な文化ととらえられるのではないかと思います。ダイバーシティが話題となっている現在、外国人留学生が野球部に入ろうとしたら、どうなんでしょうか? やはり丸刈りにするのでしょうか。
まずは、既存の野球部員が、この文化について説明することから始めることになるのではないでしょうか。その時に、なぜ丸刈りなの? 発祥はいつ? これはルールなのか? …等々の質問の嵐が想定されます。相手の文化を知る前に、自分の文化を知る。それを説明できるレベルまで理解する。
それは言葉ほど簡単なことではなさそうです。

 

林 健太郎

お役立ちコラム「気づきの小径®」 アーカイブ

2018年12月18日
【調査対象者・ご協力者さまへ】「パーソナル・スタイル調査」回答サイト一時停止
2018年12月4日
2018~2019年 年末年始休業のお知らせ
2018年11月12日
【創造的問題解決に欠かせない水平思考(ラテラルシンキング) 無料セミナー開催決定】
2018年10月11日
【2018年下期 無料セミナー追加開催】お申し込み受付開始
2018年10月1日
【11月開催 公開講座】Facet5認定プラクティショナー養成コースお申し込み受付開始

→ お知らせ

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ