印刷範囲
全体プリント
本文プリント

ラーニング・マスターズの『パーソナル・スタイル調査』とは?

Page Index :

    投稿日:
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    これから研修を受講する方へ

    当研修は、パーソナル・スタイル理論を核として展開していきます。パーソナル・スタイルとは、「周りの人が認める習慣化した個人の行動パターン」であり、「行動派」「感覚派」「協調派」「思考派」の4種類あります。それぞれのスタイルには特徴があり、それらは1つのスタイルを他の3つのスタイルと区別する際の拠り所になります。

    パーソナル・スタイルは「周りの人が認める」ものであるため、研修受講前に、あなたのことをよく知る5名に、あなたの日頃の言動を振り返っていただくことになっています(研修によっては、実施しない場合があります)。また、あなた自身の自己診断もしていただきます。

    研修では、4つのパーソナル・スタイルがどこから導き出されるのか、各スタイルの特徴にはどのようなものがあるのかなどについて、映像や事例を通して理解していただきます。続いて、事前調査の結果をフィードバックし、あなた自身のパーソナル・スタイルを特定します。(研修では、上記4分割をさらに細かくした16分割のスタイルでフィードバックをします)

    研修の終盤は、それぞれのパーソナル・スタイルの人との接し方を理解し、周りの人とより生産的に接するための手がかり、たとえば苦手と感じている相手との接し方の手がかりを得ていただきます。

    それでは、研修でお目にかかりましょう。

    パーソナル・スタイル調査への協力を依頼された方(協力者の方)へ

    このたびはパーソナル・スタイル調査へのご協力、ありがとうございます。この調査は、あなたに協力を依頼した人の日頃の言動傾向を振り返っていただくものです。通常、あなたを含めて5名の方に協力をいただきます。その結果を基にして、調査を依頼した人の「パーソナル・スタイル」を特定します。

    パーソナル・スタイルは「周りの人が認める習慣化した個人の行動パターン」と定義されるもので、「行動派」「感覚派」「協調派」「思考派」の4種類あります。各スタイルには特徴があり、以下のようになっています。

    調査結果は、研修中にご本人にフィードバックされます。それを基に、今後の周りの人との接し方を考えていただくことになります。

    回答にあたりましては、上記の特徴に惑わされることなく、かつ、調査項目によっては判断に迷うところがあるかもしれませんが、調査を依頼してきた人の日頃の言動を思い起こしながら、ご判断ください。

    調査へのご協力、ありがとうございます。

     

    おすすめの教育研修プログラム

    顧客のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上(Partnership Sales)

    部下のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上(Partnership Management)

    相手のスタイルに合わせたコミュニケーション力向上(Partnership Communication)

    Dr.のスタイルに合わせた面談力向上(Partnership MR)

     

    PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

    ページの先頭へ