印刷範囲
全体プリント
本文プリント

異なる世代とのコミュニケーション

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、公益法人日本生産性本部より、今年度入社の新人のタイプが発表されました。

それによると、今年度の新人は「ETC型」。その心は、「性急に関係を築こうとすると直前まで「バー」が開かないので、スピードの出し過ぎにご用心。IT活用には長けているが、人との直接的な対話がなくなるのが心配。理解していけば、スマートさなどよい点も段々見えてくるだろう。”ゆとり”ある心を持って、上手に接したいもの」だそうです。

この意図は、今年の新人はコミュニケーションの取り方が難しいということでしょう。数年前から新入社員のコミュニケーション能力に問題があると言われていますが、企業が期待するコミュニケーションとは何でしょうか?

コミュニケーション手段としては、ITを活用したものもあれば、直接的な対話もありますが、いずれにせよ、お互いに”言わんとすること”が通じ合うことが、コミュニケーションの原点でしょう。”言わんとすること”には事実だけではなく感情も含まれます。したがって、メールだけでは意図するところが伝わらず、誤解を招く結果にもなりやすいものです。

とはいうものの、世代によって、コミュニケーション手段の得手不得手があります。相手がどの手段を望むかを見極めて、臨機応変に対応することが、今、求められています。

住友 光男

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ