印刷範囲
全体プリント
本文プリント

大学でのセミナーを開催しました

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月17日に中央大学にて、大学生を対象とした「セルフマネジメントセミナー」を実施してきました。ありがたいことに今年で3年目となり、夕方からスタートという時間設定にもかかわらず、50名以上の方にご参加いただきました。

中央大学では、キャリアセンターが、学生の能力開発支援となるセミナーを、毎年複数講座開催しています。この取り組みで注目したいのは、学生の能力開発支援が目的であって、就職活動の内定を目的としたセミナー群とは一線を引いている、という点です。もちろん、就職活動にも活かせるスキルや知識にもなっていますが、それはあくまで副次的な効果であるととらえています。

直接的に就職活動をうたっていないため、参加者は例年、3年生だけではなく2年生や、ときに1年生もいます。バラエティ豊かな参加者が、お互いの意見を共有したり、情報交換したり、刺激を受け合いながら学ぶ場が形成されています。セミナーでは、いくつかのグループを編成してワークをしましたが、上級生の参加者が下級生の参加者からの質問に答えたり、学生生活のアドバイスを話したりする環境が、自然とできあがっていました。

今回実施した「セルフマネジメントセミナー」では、「ストレスについての正しい理解」「自己のストレス特性を知る」「セルフマネジメントの方法を知る」といった3点をメインとして進行をしていきました。このセミナーを通して重要視しているものが、「自己理解」という点です。自分の特性を知っておくことで、自分の強みを大いに活かすことができますし、自分の弱みはスキルで補強する努力をしたり、周囲のメンバーと意識的に連携することで、最小限に抑えることが可能になります。このように、自分自身を理解することが、能力開発において重要になるということは、大学でも企業であっても変わらないでしょう。

そして、「自己理解」を進めるうえでは、診断ツールを活用することも有効な手段なのですが、他者と関わることで、違いを認識することも欠かせないポイントです。自分とは違った意見、考え、視点に触れることで、自分自身の特徴に気づくことがあります。違う属性のメンバーが同じテーマについて考える機会を持つというのは、前回のコラムで取り上げた「リベラルアーツ」ともつながってくる部分かもしれません。

私見ですが、年齢を重ねるごとに、自分と違う属性の人と新しい交流を持つという機会は、減っていくように思います。社内でも社外でも多様なメンバーが参加して、交流しながら学びを得ていくような教育の場に参加する(例えば、社外の公開講座を活用する、または社内の選択型の講座をうまく活用する、など)ということが、階層や年次研修とはまた違った良い効果で、自己理解を深めることつながるのではないか…。最近の大学でのセミナーからの気づきでした。

林 健太郎

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ