印刷範囲
全体プリント
本文プリント

野球監督から考えるプレイング・マネジャー

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、いよいよプロ野球はペナントレースが佳境に入ってまいりました! 私は野球派(特に横浜DeNAベイスターズのファン)なので、今まさに大注目をしています。ところで、ビジネスとスポーツというのは、かなり似ていると思ったことはありませんか? どちらも結果を求め、戦略や技術を磨き、組織として戦いながら結果を目指していきます。結果が優勝などの形になっている点では、スポーツの方が分かりやすいと言えるかもしれません。

その中でも、チームの監督はビジネスでいうところの、マネジャーにあたるポジションです。組織を使って、結果を出すのが役割になります。具体的なマネジメントスタイルは人それぞれですが、優れた監督を見てみると、やはりビジネスでよく言われる、マネジメントに必須な要素やスキルを活用しているのではないでしょうか。

野球の監督も、まずビジョンを掲げます(毎年キャンプのころに、スローガンが発表されています)。そして、そこに向かううえで最適と思われるチームの方向性(打力、投手力、守備力、走力など)を決めます。方向性に沿った選手補強や育成をして、それを実行していきます。実行していく過程では、細かい方向性には修正をいれることがあるかもしません、ビジョンと戦略の軸となる部分に、ブレがないことが重要ではないでしょうか。例えば先発の柱、4番バッター、守護神といったキーパーソンは1度決めたら、信じてやらせる。よほどのことがない限りは、信じて任せる。強い監督はこの点、だいぶ我慢強くやっています。そこから生まれる選手と監督の信頼というのは、非常に大事な要素と言えるでしょう。監督から信じて任せられることで、ピグマリオン効果も期待できそうです。

マネジメントに信頼関係が必要、というのは当たり前すぎて忘れがちなポイントです。しかし、信頼がなければどんなにいいことを言っても、その言葉は選手へ届かないでしょう。逆に信頼があれば言葉でなくとも通じるようです。長嶋監督と松井選手の練習風景というのは、その好例ではないでしょうか。
ちなみに、当社の教育研修プログラム「部下の生産性と充実感を高めるマネジメントスキル向上(Key Elements of Management)」 でも、信頼という要素を重要視して取り上げています。

さて、最後に、今年、中日ドラゴンズは谷繁選手が兼任監督をしています。ビジネスで言うならばプレイング・マネジャーになるわけです。野球選手が兼任監督をすると必ず、監督と選手を兼任するなんてうまくいくわけがない! という論調が見られます。これをビジネスに置き換えるなら、プレイング・マネジャーなんて兼任してうまくいくわけがない! となってしまうのではないでしょうか? やはり、プレイング・マネジャーとは、かなり難易度が高い働き方と言えそうです。シーズン始めに、苦戦するのでは? と言われることが多かった中日ドラゴンズが、交流戦は4位で、比較的良い位置につけていました。残念ながら8月にだいぶ負け越して、終盤にきて5位に後退してしまっています。とはいえ、谷繁兼任監督のやり方やチーム運営から、プレイング・マネジャーとしての働き方のポイントを、学ぶことができるかもしれません。そういったマネジメントの視点で、プロ野球の残りのシーズンを見てみることも、今マネジメントで苦労されているとしたら、良い気づきにつながるかもしれません。

林 健太郎

おすすめの教育研修プログラム

部下の生産性と充実感を高めるマネジメントスキル向上(Key Elements of Management)

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ