企業理念を見つめ直す

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月1日は、多くの企業で内定式が行われています。内定式や入社式といえば、企業トップから新人へ直接メッセージが伝えられる貴重な機会です。特に、会社の規模が大きくなればなるほど、社員が企業トップに会える機会は少なくなると思われますので、重要度は増すでしょう。

企業トップの語る内容や伝え方は、人によってさまざまです。しかし、多くの企業トップが共通して伝える内容があります。それが「企業理念」です。

一般に、「企業理念」はその会社の存在意義を表すものとされています。言い換えるならば、「私たちはなぜ働いているのか?」「そもそもうちの会社の存在意義って何?」ということを簡潔にまとめたものです。「企業理念」が社員に認知されているかどうかは、当然、職場の生産性や充実感に影響します。

「言うは易く行うは難し」という言葉があります。「企業理念」が大事であったとしても、現場での業務はどの企業も多忙であり、余裕はあまりありません。ある企業の研修で、休憩時間の後に、「ところで、皆さんの会社の企業理念ってなんですか?」と不意に質問をしてみたところ、皆が顔を見合わせて、こそこそ話が始まり、自信を持って答えられる人が少数だったことがあります。「企業理念」が社員に認知されていない象徴的な出来事と言えるでしょう。

内定式に出た新人の方が、自社の企業理念を新鮮な気持ちで受け止めるのはもちろん大事ですが、新人の方以外でも下期のスタートに、自社の原点である「企業理念」をあらためて見直してみることで、下期の活動を改善するきっかけになるかもしれません。

 

林 健太郎

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ