印刷範囲
全体プリント
本文プリント

人材開発のためのデータ活用

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私的ラーニング・フォーラム2015からの学び

当社では1989年の会社発足時より、年1回の学びのイベントとして、毎年10月に「ラーニング・フォーラム」というイベントを開催して参りました。ご参加の皆さまと共に、私たち自身も学びたいと感じているトピックスを学ぶ場として、ご評価をいただいております。今年度は10月16日(金)に実施し、100名を超える方にお越しいただきました。誠にありがとうございました。

今回のラーニング・フォーラムのテーマは、「真価が問われる、組織力最大化のためのデータ活用」というものでした。今回の気づきの小径では、私が感じた学びのポイントを、ゲストスピーカーの講演に焦点を絞りお伝えしたいと思います。
(要旨は、由来沿革ページに掲載)

【ゲストスピーカーについて】

ラーニング・フォーラムでは、テーマに合ったゲストスピーカーを外部からお呼びして、講演をお願いしております。今年はNHKサッカー解説者であり、監督やコーチとしての経験豊富な山本昌邦氏と、データ活用という切り口で、データスタジアム株式会社の斉藤浩司氏にご登壇いただきました。

【気づいた点1:データを活かす伝え方】

内容の詳細は要旨に譲りますが、山本昌邦氏の講演で特に印象的だったのが、客観的なデータを使って、いかに選手一人ひとりのモチベーションを上げるかという点でした。客観的なデータをどのように本人に伝えるのか、伝え方一つでその選手の動き方は変わります。
ビジネスに置き換えるなら、日頃、私たちは客観的な数字を基にして、自分の部下やメンバーのモチベーションを上げるような伝え方をしているか? という問いになると思います。単に数字を突きつけるだけではなく、それをもとにより成果があがる接し方を、意図的にすることができているでしょうか。

【気づいた点2:「時間がない」を言い訳にしない】

この問いに対して「なかなか多忙なので、そこまで丁寧にマネジメントができない」という声を研修でもよく伺います。
これについても、講話の中に考えさせられる話がありました。サッカーの監督はハーフタイムの15分で、全体を観察し、組織に必要な行動を伝え、個人に指示を伝えるということを実施しているそうです。15分の中で試合後半の選手の動きを改善し、モチベーションを上げるために選手と接する。実際に後半の動きが改善された例などもお話しいただきました。
ビジネスに置き換えた場合、業務が多忙であっても、サッカーの監督のように15分で、マネジメントとして力を発揮することは可能なのではないでしょうか。多忙を言い訳にして、マネジメントを実行することを避けてはいないでしょうか。

【気づいた点3:人が介在する重要性】

客観的なデータを集める技術は高まりを見せており、人材開発分野でも、個人のスキル、知識、組織の状況についてのサーベイなどが数多く存在し、関心が高まっているのが現状です。ただ客観的なデータをとったところで、それを効果的に活かすことができているか? と問われたときに、自信を持って返答できる企業はまだ多くはないように思います。
今回のラーニング・フォーラムの講演からは、客観的なデータを成果につなげるためには、そのデータを読み取り、意味するところをしっかり伝える変換装置としての人が重要であり、その点でデータを扱う人事や、マネジメント層のデータ分析力、そして、部下やメンバーへの伝達力が重要視されてくるように思われます。今後、こういったご要望にも応えて、私自身コンサルタント活動を続けていきたいと思います。

林 健太郎

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ