年末年始にGTD®

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早いもので2015年もあと1ヵ月弱となりました。12月は1年の振り返りの時期として、良い節目の月です。年が変わるというのは、分かりやすい節目の感覚を私たちに与えてくれますし、年末休暇として連休をとる人が多いため、立ち止まって考える時間を得やすい時期だからです。

よく「内省」「見直し」「振り返り」といった言葉を研修でも使用しますが、どういった方法でそれらを行っているでしょうか。大掃除のタイミングで、ここぞとばかりにデスクに溜まっているものを捨てて、手元がきれいになって、「よし! スッキリした。おしまい!」、そして結局、1週間後には元のデスクに戻っている。そんな状況になっていないでしょうか。せっかく節目で立ち止まり、考えて整理するのであれば、持続可能な方法で生産性を高めていきたいものです。

そんなときに、「GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術」の考え方は、有効に働くかもしれません。今回は年末の振り返り、年始のスタートにあたって、私自身がGTDを実践している中で、まずポイントになると思う3点について触れておきたいと思います。

1. 手当たり次第に取りかからない

手当たり次第に溜まっている片付けを始めたり、見つけたタスクを処理し始めたりする人をよく見かけますが、まずは、片付けるべき「もの」や「こと」を集める、または書き出すことで、把握を試みましょう。手当たり次第に作業をし始めると、作業中に新たなやるべきことを思いついたりして、結局、目の前の作業に100%集中することが阻害されてしまう、といった事態に陥りがちです。

2. 明確に決めること

抱えているタスクや状況について、次の行動を判断して明確にすることが大事になります。よく年始に目標や抱負を掲げることがありますが、あまり抽象的なものを掲げてそのままにしていても、物事は進みません。「2016年は仕事をため込まない」と目標を掲げてもそれだけでは行動できません。具体的に、「メール処理のために受信フォルダに○○というフォルダを作る」とか「新年のミーティングで○○さんに仕事の連携強化をお願いする」といった、次にとるべき行動を明確にしておきましょう。

3. ルーティン化することで継続をねらう

3日坊主にならずに年末年始の抱負を実行していくには、行動の管理が重要です。管理するためには、やることをある程度ルーティン化しておくと助けになります。人間は誰しも好不調の波があり、その波にまかせていると、継続的に取り組みをするのが難しくなるでしょう。ちょうどラグビーの五郎丸選手が実践しているように、行動をルーティン化することで、不調時のマイナスの振れ幅を抑えることができます。

GTDをより詳しく知りたい、実践をしっかりやりたいという方は、公開講座の受講や、書籍をおすすめします。
(書籍『全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』が、先月の26日に二見書房より発売されました。当社も編集協力をさせていただきましたので、よろしければ手に取ってみてください。)

GTD® とは? 

少し早いですが2015年の更新はこれが最後の予定です。
次回は年明けに更新を予定しております。
本年もありがとうございました。
来年も、みなさまにとって有益となる活動をしていきたいと思います。
引き続きよろしくお願いいたします。

 

林 健太郎

おすすめの教育研修プログラム

GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ