印刷範囲
全体プリント
本文プリント

実践してこそのビジネススキル

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーニング・マスターズの特徴の1つとして、「営業職やマネジャー職」と「インストラクター職」を職種として分けていないことが挙げられます。インストラクターとして研修を行う社員も、通常は営業として、お客さまを訪問する毎日を送っています。このことでお客さまから「忙しそうで大変ですね」とお気遣いの言葉をいただくことがあります。たしかに業務の幅が広がるため、片方の業務に専念するより、多忙になりやすいというのは事実です。

では、なぜ当社はこのスタイルを続けているのか? それは、「実践してこそのビジネススキル」ということを大事にしたいと考えているからです。

研修で学んだことを実践する難しさは、研修を受講されたことがある社会人の皆さんなら、よくご存じかと思います。その原因として、人間は新しいスキルややり方を学んでも、従来のやり慣れた方法で物事を進めようとしてしまいがち、ということがあるかと思います。これは、どんなに新しいスキルや、新しいやり方の方が望ましいと分かっていても、ときに起こることです。

それでは、どうすれば提供するビジネススキル研修の効果を、高めることができるか。その1つの方法として、当社が採用しているのが「職種を分けない」ことです。そのメリットは3点あります。

  1. スキルの実践者が研修を実施するため、「具体的に日々の業務にどう活かすか」を意識した研修を提供できます。
  2. スキルを実践する中で、困難な点なども心得ており、フォローアップについても対応ができます。
  3. 研修企画の段階から研修実施の段階まで、一貫して同じ担当者が仕事を進めるため、研修企画の意図を齟齬なく、研修実施につなげることができます。

さて、ここまで偉そうなことを言ってまいりましたが、実際にはビジネススキルをすべて実践できているとは言いがたく、日々チャレンジしていると言った方が正しいかもしれません。これからも、参加される皆さんにとって価値ある研修ができるように、日々の実践とインストラクションの、どちらも大切にしていきたいと考えております。

林 健太郎

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ