印刷範囲
全体プリント
本文プリント

女性の働き方はどう変わる?

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「専業主婦賛成」の増加(20代を中心に変化)

国立社会保障・人口問題研究所の、第4回家庭動向調査の結果が出たようです。
5年ごとの調査で、初回の1993年の「専業主婦賛成」53.6%が、1998年には52.3%に減少し、前回2003年度では、これまでで最低の41.1%と急低下していましたが、今回は45.0%と増加に転じたということです。特に、29歳以下(47.9%)が12.2ポイントの大幅アップとなったようです。
さて、これをどのようにとらえますか…。

景気の動向などで、正社員よりも派遣社員やパート労働者の雇用抑制が起きている中で、これらの就業比率の高い女性の方が、世の厳しさをより受けていると考えます。
働きたいけど仕事を探すのも大変、安定した職を得るのも大変、仕事をしていたとしても家事の主体者も自分である、となると両立が大変です。
女性の間で仕事への意欲が低下し、主婦になって子育てに専念した方が楽と考えるのも分かります。もちろん、専業主婦を否定するつもりはありません。私も一瞬ですが、夫の扶養に入っていたこともあります。

現状は、主たる収入を得ているのは夫であることが圧倒的に多く、その夫にも残業規制や賃金抑制がかかっている中で、何とか家計の足しにしたいと、就業を希望する女性が多い状況です。
そもそも主婦だって、自分で働いて自由に使えるお金があった方がシアワセだと私は思っています。
私が専業主婦になれない理由は、自分の主張度が減るからかもしれません。働いて稼いでいるから、その分、ある程度は言いたいことや、やりたいことを許してね、という感覚でしょうか。

今までお会いした女性の中には、優れた能力を持っている方がたくさんいます。正直、家庭の中にその能力を収めておくのがもったいないな、と思うことがたびたびあります。
家庭の役割も重要ですが、そこそこ働いて社会に貢献して、個人の生活が豊かになる仕組みって、ないのでしょうか。

それにしても、旦那様の家事寄与率がなかなか高まらないのは、女性の就業率や女性管理職比率が伸びないのと同じくらいゆっくりですね。これって、相関関係があるのではないでしょうか…。

私の労働時間は限られていますし、効率化にも限界があります。専業主婦を選ぶ気持ちも、結構わかりますので、記事を読んで、一瞬、心が揺れました。一瞬で終わってしまうところが私らしいのですけど。

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ