印刷範囲
全体プリント
本文プリント

精神的な豊かさと物質的な豊かさ

投稿日:

2012年の新年を迎えて

新年を迎えて、それぞれの胸に新たな決意が生まれてきていると思います。新年の話をする前に、昨年のことをどれだけ記憶していますか。少し振り返ってみましょう。

自然災害では、多くの命を奪った3月11日の大地震と津波の記憶が鮮明ですが、まだ復興の緒に就いたばかりです。その前の2月のニュージーランド地震では、語学留学生が犠牲になりました。さらに9月には台風12号があり、十津川村を中心に大きな被害を受けました。11月にはトルコ山岳地帯で地震があり、日本人を含めて多くの犠牲者が出ました。また、夏以降、タイでは洪水が起こり、今でも続いているようです。

世界情勢では、2010年12月のチュニジア「ジャスミン革命」に始まった「アラブの春」が、エジプト、リビア、イエメンに波及し、シリアなどでも進行中です。また、ギリシャ財政危機に始まったEUにおける経済危機も、収束の見通しが立たず、世界経済に大きな影響を及ぼしています。

これ以外にもビンラディンが殺害されたり、米軍のイラクからの撤退がありましたが、皆さんの記憶にどのくらい留まっていますか。わずか1年の間に起きたことです。

また、これらの出来事の影響は広範囲にわたっています。東北の震災の影響で、米国の自動車会社のラインが止まったり、タイの洪水によって、国内の産業に大きな影響が出たり、地球規模での連鎖になっています。

マゼランに代表される大航海時代は、主として香料を求めて、「より遠く」アジアを目指したものですが、現在は、大航海時代に比べると地球が物理的な距離だけでなく、情報のスピード化によって「より近く」なっています。

産業のあり方も大きく変化しています。従来の第一次、第二次、第三次産業といった分類では分類ができない状態になっています。日ごろ、私たちが、お客さまの業界を分類するときに経験している戸惑いを、思い起こせば分かると思います。世の中が複雑化して、従来の枠組みでは考えられないことが多くなっているため、なかなか将来を見通せない時代になっています。

先日、ブータンから国王が来日されましたが、そこで示されたのが「国民総幸福量」という考え方でした。個人消費や設備投資による物質的な豊かさを目標とするのではなく、精神的な豊かさ、つまり幸福を目指すという考え方です。しかし、私たちは世界を動かしている歯車に、完全に組み込まれています。このような状況の中で、精神的な豊かさと物質的な豊かさの両方を求めるとしたら、どうしたらよいでしょうか。考えて知恵を出しましょう。

組織や個人が成長するうえで、大事なことは知恵を出し合うこと、そしてコミュニケーションを良くして、出し合った知恵を生かすことが大事です。
お互いに知恵を出し合い、新しい着地点を求めてがんばりましょう。

住友 光男

お役立ちコラム「気づきの小径®」 アーカイブ

2018年12月18日
【調査対象者・ご協力者さまへ】「パーソナル・スタイル調査」回答サイト一時停止
2018年12月4日
2018~2019年 年末年始休業のお知らせ
2018年11月12日
【創造的問題解決に欠かせない水平思考(ラテラルシンキング) 無料セミナー開催決定】
2018年10月11日
【2018年下期 無料セミナー追加開催】お申し込み受付開始
2018年10月1日
【11月開催 公開講座】Facet5認定プラクティショナー養成コースお申し込み受付開始

→ お知らせ

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ