印刷範囲
全体プリント
本文プリント

情報セキュリティマネジメントと仕事の質

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の新聞報道に、次のような記事がありました。
羽田空港に勤務する50代の主任航空管制官が、米国大統領専用機のフライトプランなどをインターネット上に流出させたということです。この管制官は、平成13年に自分のブログを、管制内部の情報を見てもらう目的で立ち上げ、定期的に情報を流していたということです。
また、7月には東京交通管制部の管制官がツイッターで、施設内見学ツアーを勝手に呼びかけた問題も発生しています。
この記事を目にしたとき、大の大人が何をしているのかといった気持ちになりました。

この人たちは、自分の職場が特殊で、紹介すれば一般の人が興味を持つであろうと思って、軽い気持ちでやったのでしょう。たぶん、以前から、身内に対して写真を見せたり、社外秘にあたる情報をもらしたりして、得意になっていたことは容易に想像がつきます。仲間内では「おもしろいね」で済んでいても、最近のITの発達により、見せる範囲が身内から外へ広がり、「おもしろいね」では済まなくなりました。

社会人になりたてのころ、電車の中や飲み屋では仕事の話をするなと、よく言われました。「壁に耳あり、障子に目あり」で、どこの誰が聞いているか、見ているか分からないので、情報漏洩に気をつけろということです。今回は、堂々と仕事中に写真を撮り、それを広範囲にばらまいたり、ツイッターで勝手に仕事場見学のツアーを呼びかけるなど、常軌を逸しているとしか言いようがありません。

ITの発達が、人々の生活を便利にさせたことは間違いないでしょう。ビジネスにおいても、手紙から電話、テレックスからファックス、さらに電子メールへと、技術の進歩によりコミュニケーションのスピード化と多様化が進んできました。しかし、ITの発達に比べて、発信する側の”人”は進歩しているのでしょうか。

かつては、社内や社外への発信は、発信権者が決められて(通常は課長職)おり、担当者は常に、上司決裁のもとに発信を行っていました。したがって、文書の書き方が下手だと赤字の添削が入り、書き直しを命じられます。その経験を通して、文書の書き方を学んだのです。今は、発信権者は決められているものの、電子メールの発達により、個人が容易に、広範囲に情報発信できる環境になってきています。会社によっては、さまざまな制約を課しているところもありますが、多くは個人の裁量に任されている状況であり、以前より個人の責任の重要性が高まったと言えます。

何とかとハサミは使いようと言われますが、ITにも同じ事が言えるでしょう。IT業界を中心として、より便利さを求めて、さまざまなツールが今後も開発されるでしょう。しかし、ITはあくまでコミュニケーションの手段であり、伝えるべき内容が大事であることを忘れてはなりません。

住友 光男

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ